10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

『ウェブはバカと暇人のもの』中川淳一郎

内容は、ネットでの大衆批判って感じ。
大体合ってるんじゃないかな。
著者が少し気持ち悪いけど(笑)
語ってる著者自身が対象に
染まりすぎてるような。

彼はネットの大多数がバカと暇人だって言うけど、
彼自身そういう人たちを相手にした商売をやってて、
そこから抜け出そうという気もなく。
随分退廃的な印象ですね。
ニヒルというか、無気力というか。

何だか、罠にはまった人が、
はまったまま批判してるような滑稽さがあった。
別に私は、彼をけなしたいわけではないのだけど。

それに、しきりにネットではB級が受けると言ってて、
私自身それを否定しはしませんが、
大企業はそこんとこよく分かってないだとか、
自分のアイディアがいかにネットに適合してるかっていうのを
アピールしまくってて、
この本、実は著者の宣伝活動なんじゃね?
みたいなことを邪推させてくれました。

どうもこの本を読んでると、
こっちまで無気力にされそうで、
読んでて倦怠感とか疲労感を覚えました。

あと文章書くの仕事にしてる割に、
あんまり上手くないですね。
新書に文章の上手下手とかはもう半ばあきらめてますけど。

                              
しかしこの感想自体も
全体的に疲れそうなオーラ漂ってますね。
それとも私だけがそう感じるのかしら。
私も簡単にネットについて、
語ってみようかな。

私はネットの住人も、
現実世界にいる「大衆」と
そう変わらないものだと思っています。
いや、むしろ彼らのほうが、
自分たちを優良種だと思い込んでいるところがあって
厄介だなと感じます。

しきりにリアルで流行っているものを叩くなどして、
自分大好きな、なんちゃって厭世主義者っぽいんですよね。
自分の安全は確保しつつ、
周りにあるものを叩いとけっていう典型的な。

みんなが叩いてるから自分も叩いとけ、
っていうのも気持ち悪いですね。
彼らほど流されやすいのもなかなかいないでしょう。
誰かが恣意的に情報を流してやるだけで、
何でも叩けるんじゃないかと思えます。

そもそも情報などというのは、
どれも確実性に乏しく、
それを与える人間によって大きく影響されうるのに、
どうしてあんなに流されるのか不思議です。

またその情報がマイナーであればあるほど、
何か特別な情報に思えて、
信頼しようとするのだから
二重に驚きです。
特ダネつかんだ! って気分ですかね。
彼らにメディアの誤謬を批判する資格はないでしょう。

あとはまあ、過剰に叩きすぎです。
最近は民主党叩きが流行りですかね。
これは以前マスコミが
自民党叩きまくったのもあるでしょうけどね。

私も民主党は嫌いですけど、
叩き以上の意見があまりないのがねえ。
私はもう法律とかシステム変えろと思います。
どこの党にやらせてももうだめでしょう。
まあ政治に興味ないし、
あんまり知らない私が言ってもしょうがないですね。
なるべくそっちには口出ししません。

地球温暖化も結構すごかった気がします。
反対しすぎて、
温暖化そのものも認めないようなのとか見かけました。
さすがにどうなんだ、それ、とか思いましたけど。

最近はエコをバカにしてる論調が多いですね。
もはやただの企業叩き、嫌がらせで、
マスコミ、広告会社などに対する拒否姿勢を示す手段として
利用されてる感は否めません。
あと「オレは世間に流されないんだぞ」アピールでしょうか。
反対するのはいいんですけど、
その理由が変というか、
建設的でないですね。


ふう、今日は暗いですね。
気分が。
文章も暗い。


ところで最近アクセスが微増してますね。
冬休みに読書感想文の宿題でも出ましたか?
がんばってください(笑)
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
バイクや車でドライブしたり、電車や飛行機で旅したりします。忙しいからブログさぼってもいいよね?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示