08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰を持たない日本人が何故キルケゴールを受け入れたか

キルケゴールブームというやつが、
むかーしあったのですよ。
時期にして、戦後~1970’sまでといったところでしょうか。

それでは、わたくしお得意のゲームの話で始まりますよ。

通常のRPGでは、
最初の町の付近には弱いモンスターが出てきます。
そこからプレイヤーキャラは徐々に強くなっていき、
最後にはラスボスを倒す力を得るのです。

しかし最初の町を出て、
いきなりラスボスが、
魔王が現れたときどうなるでしょう。

確実に負けます。
負けイベントかと思いきや、本当に死にます。
ゲームオーバーです。
クソゲーです。

ここで、私たちの世界を考えてみましょう。
私たちも徐々に成長できるシステムの上で生きています。
いや、生かされてます。

お偉いさん方が、
学校行きなさいとか、
会社に入って働きなさいとか、
そういう仕組みをつくってくれているわけですね。

自分の人生の難易度がいかに難しく設定されていようと、
このゲームは返品不可なのです(笑)

しかしみんながこのゲームについてクソゲーだと言ったとき、
すなわち、
公害や人口爆発や食糧危機といった
広い範囲に及ぶような問題が起きたとき、
さらに、
無尽蔵のはずの、
水、空気、緑、資源その他が有限であると
思い知らされたとき、

私たちの眼前には、
とてつもなく厳しい現実が立ちはだかっていたのです。

それまでは人間が外部の自然に作用し、
コントロールしきれていて、
それがずっと続くと思われていました。
科学万歳。

自然は人間の手の内にあり、
何か起きても、「何とかなる」と思っていました。

でも世界はそんな単純なものではありませんでした。
私たちは絶対にクリア可能なゲームを、
プレイしているわけではなかったのです。

例えば明日、地球が爆発すると分かったとき、
私たち人間はあまりに無力です。
もはや自然に対して作用することで何とかなると、
言っておられる段階ではありません。
そのとき人間がアクセスできるものは何か。
2つありました。

・宗教的実存主義(バルトと新神学)
理性が検証しうる自然や歴史の世界から全くかけはなれた、非合理非理性的な領域にだけ神をみとめて、非理性的幻影に希望の一切を托し、それへと飛躍する。

・世俗的実存主義
非合理・不条理・絶望のうちで、あるいは自己の行為あるいは究極的経験にだけ希望を求めようとする。
(『理想』1971年12月号,No.463,p.55から)

神と自分です。
神様にお祈りするか、
自分の「主観的認識」こそ真理だと開き直ることによって、
人は考えることをやめたのです。
それこそが「主体性は真理である」
という命題の示す真理であると、思い込んだのです。

以上が信仰なき日本人による
キルケゴール受容の実態ではなかったでしょうか。

                           
さて、いかがだったでしょう。
随分親しみのわいてきそうな議論ですが、
もう30年以上も前のお話です。

参考にしたのは、多分『理想』って雑誌です。
たしか一昔前の分を適当に読んでたときに、
主にニヒリズムやら何やらの関係で出てた気がします。
この文章のもと、いわゆる草稿というのは、
そのとき書いてたもので、
今回ここにのせるにあたって、
受け入れられやすいようにちょっと脚色を(笑)

締めくくりには、
今読んでる論文からも少しだけ取り入れてみたり。

戦後、「主体性論争」なんてのもあったようで、
社会性か主体性かという、
あれかこれか的な考えが流行ってたんですね。

一方にはマルクス主義がでっかく構えてて、
あとはその気持ち悪いマルクス主義賛美に、
乗っかれなかった人たちが、
キルケゴールとかに向かってったんですね。
私も詳しくないのでこれ以上説明できませんがね。

キルケゴール熱も1970年代末ぐらいで
ほとんど引いてしまって、
そのあと1980,90’sは、
英米系の科学主義の時代だったのですな。
いやあやっぱり科学はしぶとい(笑)

これからまた人の手に負えない事態が、
現れるたびに、主体性賛美が起こるのでしょうか。

それはよくわかりませんが、
こうして見ると、
思想にも賞味期限みたいなのがある気がしてきますね。

哲学というのは、永遠を志向しているようで、
実は時代に大きく捕らわれてしまうもののようです。

まあそもそも人の思想は、
みんなに同じように配布できるものではなくて、
人が考えたものはその人のものなのであって、
そんなものは、伝えようとすることで、
どこか矛盾が生じるようなものということではないか、
という感じなわけですよ。

ところで、ゲーム脳とかいう言葉が少し前に、
流行って(?)いましたが、
私はいかにもそれに侵されているように見えますね(笑)

でも本当にゲーム脳であるのは、
この世界が何でもゲームのように、
うまくいくようになってて、
何事もなく存在しているのだと、
錯覚している人たちの方なのではないでしょうか。

突発的、壊滅的イベントには、私たちは対応できません。
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。