08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アメリカの大学院で成功する方法』吉原 真里

何でこんな本読んでるかって、
そりゃあ学生の身分というやつが恋しいのですよ。
なんでもっとちゃんと勉強しなかったんだろうなあ。
後悔、こーかい、こ~かい。
人生なんて後悔の積み重ねですよ。

きっと今までも、
私と同じことを考えて苦しんだ人が
星の数ほどいたんでしょうねえ。

そんなことはさておき、
やはりアメリカの大学院はすごいですね。
1日1冊英語の参考書を読み、
途中にある資格試験のために400冊。
日本の大学にはないですよねえ。

なんでもかんでも欧米の真似をしろとは言いませんが、
日本は大学も大学院もふ抜けてます。
東大って言ったって、学生がやってることは、
ほかの雑多な大学と同じように、テスト前に必死になるだけですし。
(例外もいるかもしれないけど、それを言い出せばどこもいっしょ。)

日本の大学でも、旧帝大あたりがもっと卒業しにくい
教育プログラムを作ったらいいんじゃないですか。
私立も日本版アイヴィーリーグとかあればいいのにね。
(今の日本の私大とは、比較するのも憚られちゃうよ。)

日本の大学教授の社会的地位とか賃金は高すぎるから、
もっと下げるべきだと思うんですけど、
どうなんでしょ。

もう完全に既得権益層に牛耳られてませんか。
こういうのも日本の教育をダメにすると思います。
日本の大学教授はもっとちゃんと
研究や論文の執筆をしてもらいたい。
できれば教育も。

正直、私は日本の知が貧困になるというなら、
その原因は彼らにあるんじゃないかと思っています。


本の評価があんまりないですね。
ちゃんとしときましょう。

まずアメリカの大学院に興味がある人は読んだらいいと思います。
ためになることがいっぱい書いてあると思います。
私はアメリカの大学院に行ったことがないから
断言はできませんけどね(笑)

ただ、著者のアメリカ文化研究者としての狭い範囲のことを
基本につづられてますから、
汎用性がちょっと低いかもしれません。
それでも興味があるなら読む価値はあると思いますけど。

興味無い人は……そりゃ無理に読まなくてもいいでしょう(笑)
でも私は結構読んでて面白いと思いました。
私からすればもはや別世界ですよ。
海の向こうの学生は、こんなに頑張っているんですね。
Ph.D.はスゴイ。
感想はこんなもんで。

それと最後に、
教育に携わっている方は、
もっと子供に勉強することの大切さみたいなものを
教えてあげてもらいたいですね。

ただ勉強しないと後悔するとか、
そういう適当なことを言うのではなく、
勉強は面白くて、
自分にとって本当に大切なものなんだということが、
自発的にわかるようにしてほしいです。
それさえわかれば、あとは自分で勝手にやるはず…

それでもやらない子はたくさんいるか。
でもやっぱり後で、後悔しちゃう。

こうして言うのは簡単だけど、やるのは難しいんだろうなあ。
教科書なんてぱぱっと終わらせて、
もっとほかの学問的な雑談とかすればいいかも、とか。
そういう話の方が面白いしね。
でも点数取らせるのも大事だよねぇ…
教員も大変だわ。
Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"日本の大学教授はもっとちゃんと研究や論文の執筆をしてもらいたい。できれば教育も。"

日本の大学教授はもっとちゃんと研究や論文の執筆をしてもらいたい。できれば教育も。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。