10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

『天顕祭』白井弓子

しばらく休むはずだったんだけどね。
まあいい。
これは漫画です。1巻だけです。
ぶあっついです。


面白かった。
スサノオの君かっこいい。

さて、祭りと聞くと
何かよからぬものを想像してしまうのは、
私だけではないだろう。

今でこそ、祭りといえば
酒を飲んだり、みんなで騒いだりと、
ただそのための口実みたいになってしまっているが、
昔は祭りにはそれなりの意味があったり、
物騒なことをやっていたりもした。

その代表格みたいなのが、人柱というやつだが、
この漫画の中にも、チラッとそういう描写が出てくる。
昔はそんなこともあったよね、といった文脈の中でだ。

人柱をする理由というのは何なのか。
人は、災害や疫病などの、身の回りの不幸を
何か人知の及ばぬ偉大な力(神、自然,etc.)から来るものと
思い込んでしまいがちだ。
単純に考えれば、
それを鎮めるために、人を使うといったところだろうか。

今は科学が進んできたので、
もうそういう不幸の原因を、
超常的なものに求める人は少数派だろう。
だから今は人柱なんて現実的ではないね。

と、本当に言っていいのだろうか。
ここからは、ほとんど私の妄想になってしまうが、
何か大きな不安の前には、
そんな前提は、吹き飛ばされてしまうのではないだろうか。

確かに、科学の知識は発展した。
それで、その知識を本当に自分のものとして
身に付けているものが一体どれほどいようか。
大半の人間は、ただ言われたから、覚えさせられたから、
そう思い込まされているだけ。
そんなものではないだろうか。

いざという状況で、人間が理性を保っていられるのか。
(今の人間が本当に理性的かどうか、それはまた別の問題だ。)
私は非常に疑わしく思う。
最終的に強いのは、やはり感情だ。

人は都合のいい話にころっとだまされる。
人柱を立てれば、不安は取り除かれる。
そう言われれば、その話に乗りたがるのが人間だと思う。
いくらそれが残虐だろうと、わが身が一番かわいい。

つまり何が言いたいのかと言うと、
科学の力だって、
そこですぐに不安を取り除いてくれるような
実践的なものがその場に与えられていなければ、
全くの無力であって、
そこで出来ることと言えば、
せっせと穴を掘って人を埋めるぐらい、
なんてことになってしまうのではないか、
という私の不安。


私は人の非合理性がとても怖いのだ。
これは感情で動くとかそういうことだけを
言っているわけではない。
いやむしろ感情で動いているというなら、まだ分かりやすい。
それより非合理的な、不可解としか
言いようのない行動を取る人間、それが怖い。
そして私は、そういう人間を憎んでもいるのかもしれない。


…物騒なことを論じているうちに、
物騒な感想が出来てしまったな。

No title

哲学界のお祭り男といえば、ぼくの中ではバタイユと決まってるんですけど、バタイユ好き?

昨日呑みながらしゃべってたら「幸福の科学」の話になったんですけど、こんだけ科学の「正しさ」を信じ込むひとが多い昨今だもの、幸福すら科学できる、っていう考えには結構多くの人が違和感を感じないのかもなー、と思いました。

Re: No title

バタイユは名前しか聞いたことないです。
にしても哲学界のお祭り男とは、また興味深い異名ですねえ。


「幸福の科学」怖いです。
最近やけに派手に動いてらっしゃる。
幸福の科学出版の本が結構売れてるのも少し気持ち悪い。
いったいどういう意図でそれを手にしているのかしら。

自分ではろくに理解しようともしないのに、
科学の権威にすがろうとする人は多いように思います。
科学というものを皮相的にしか見てないから、
科学は何でも解決できるドラえもんにされてるんじゃないかなあ。
科学はあんなことも、こんなことも説明してくれる便利な道具。
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
バイクや車でドライブしたり、電車や飛行機で旅したりします。忙しいからブログさぼってもいいよね?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示