06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

視野狭窄

人は経験を通してしか物事を理解しようとしない
このことをきちんと教えてやっておくべきだ

多くの人間は自己の経験のみをものさしにしている
そして自分ではそれが自分にとってもっとも正しい答えを
与えてくれていると思い込んでしまっている

彼らは視野を自分から狭めてしまっていることに気付きもしない
いや、気付く気がないのだろう
多くを考えるのはとても大変で苦痛なことだから

狭隘な心と矮小化された頭で適当に物事の正しさや間違いを
決め付けて、省みることもしない

自分が何を取捨しているのかも分かっていない
自分で真剣に考えようとしていないから
自分が何をやっているのかも分かっていない

何かを実行して上手くいけば「ああ、やっぱり自分は正しかった」
何かを実行しなくて上手くいけば「ああ、やっぱり自分は正しかった」
何かを実行して上手くいかなければ「次は実行すまい」
何かを実行しなくて上手くいかなければ「次は実行しよう」

ここで言いたいのは、A(実行する or しない)という選択をして、
Bという結果が出たときに、AとBの間だけで物事を
考えるべきではないということだ

そんな単純な世界は空想の中でしかありえない
Cという選択肢、Dという結果、EFGH…という他の要素
この程度の列挙で済みはしない

物事には無限の複雑さとも言うべきものがある
その中には、自分の考えが及ぶ範囲と、及ばぬ範囲とがある
考えて分からないことはやってみて結果を観察するほかない

自分の行動に何の疑問も持たず、
周りがやっていればそれで正しいと思えるような輩は
もはや人間として重要な部分が欠落しているとしか思えない
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示