08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のためにやってるのか

このブログを始めたのは
本を読んで感じたことの記録や
文章力向上のためだった
しかし、実際に書き始めるにあたって
直接の原因となったのは
乙一の『ZOO』だった



一番最初の記事だけど
今見るとかなりこっぱずかしいことを書いてるなと思う
このときは感情に任せて書いたのでかなりおかしくなってた

『ZOO』を読んでとても腹が立ったわけだけど
この本を他の人がどう評価しているのか気になって
感想をいくつか読んだ
しかし大体が冷めたようなものだったり、
よかったよねという評価ばかりで、
私は納得がいかなかった

女々しいようだが自分と同意見を探していたというわけだ
ネットの世界は広いのだし、
これだけ似たような意見ばかりでなくてもいいじゃないか
というわけで私は嫌悪感を露にした記事を書いてみた

結局始めた理由は、
その場の勢いってことだったんだよね

本の感想は、
既にその本を読んだことがある人を対象に
という思いで書いてたところがあった
その理由は上に書いた動機と同じように
私みたいに直接本の名前をググって感想をあさる人のために

今は正直どうすべきかよくわからなくなってるので
書きたいように書くみたいな
そのうち明確な方向性を定めてみたいような、
どうでもいいような…

それからたまに経済のことなんか書いてみたりしてるけど
第一には自分のため
具体的には、学んだことを考えなおしながら書いてみることで
より自分の中に定着させるようにというところ

第二に、ここにやってくる誰かのため
ある単語で検索したときに、
分かりやすい説明が出てくるといいよね
そのため出来るだけ誰にでも理解できるような
平易な言葉で表現することを心掛けている
それでいて出来るだけ掘り下げたような構成を

とか言いながら当然だけど例えば「サブプライムローン」でググっても
こんなブログヒットするわけもなく
実質これも分かりやすい文章を書くための練習というところか

ただ何にしてもそうだけど基本的に私は素人なんで
書いたことの全てが正しいかと言えばそれも微妙なところ
もちろんそれを言い訳に間違ったことをたくさん書いてやろう
などという気は全くないけれども

もし本当に何かを学ぼうとここに漂流した人は
あまりここに書いてあることを鵜呑みにせずに
最初のイメージをつかむためという程度にとどめておくべき
もっとも、ネットの情報を鵜呑みにしないというのは
ネットを利用する際の基本的スタンスだとは思うけど

とりあえず今はこんな感じで

2009/5/31
いやはや、たった1ヶ月前に書いたものなのに
自分の文章が気持ち悪いなあ(笑)

スタンスとしては大体上に書いてある通り
今もそう変わってはいないと思います
分かりやすく、しかしなるべくありきたりなことばっかり
書かないように心がけたいです

それから意見などについてですが
何でもいいので何か感じたら意見してもらえると助かります

つまらんとか
何書いてるかわかんねえよとか
ブログ見づらいんだよとか
お前の考えはおかしいだろとか
もちろん、私もそう思うよ、的なことでも
どこの記事のここが見づらい、やり直せ とかでもいい

自分ひとりで書いていると
考えが自分の中だけで完結してしまうので
なるべく色々な考えを知りたいところです

もし都合の悪いコメントをしたと思ったら
削除依頼でもしてくれば、(たぶん)すぐ消します。

別に一言だろうと、罵倒だろうと何でも
お受けしますので
このブログを通りがかった人はよろしくお願いします

これだけ言っているのだから、
気軽に何でもコメントしてくれればいいのです
不適切だと思ったら私が勝手に消します
(余程でなければそんなことはしないと思うが)

ここまでコメントコメント言ってるブログはそうそうないだろう
何でもいいから書き捨てるなりなんなりすればいいのだ
何の意見もなければ、修正のしようもない
思い切りわがままでも何でも言ってもらいたいものだ
それでもし無視されてもくじけずがんばって欲しい

自分でコメントしろしろと書いたので、
私もどこかほかのブログを訪ねる時は、
できる限り何らかのコメントを残したいと思う。
読んだ記事はちゃんと拍手を送るなり、ランキングポチるなりしておこう。
うざがられようとそんなことは気にしない。
コメントされるのがいやなら、コメント欄をなくせばいいのだ。

今回はこの辺で、以上

2009/6/14
昨日、表現の自由についての記事を書いたので
今日は、それに関係して思いついたことなどを

自分の中で思い、考えていることは
言葉でも絵でも、何らかの形で表現されることがなければ、
それは存在しないのと同じである


これはある人が言っていた言葉です
この言葉は私の胸の奥に、深く突き刺さりました
私は、この言葉を一生忘れないと思います
忘れたくありません

何かの拍子でこの記事を読むことになったあなたも、
もし自分の中で何かを感じることがあったならば、
このブログでだけに限らず、
自分の意見はきちんと残しておいたほうがいいのではと思います
勇気を出して表現することが大事です

今日はこのぐらい
上の言葉が言いたかっただけなのです
「書かれも発音もされない思いは存在しないに等しい。」

2009/6/19
いったい何の本だよそれは
というぐらいマイナーな本を取り上げることもあるかもしれない。
もし本を読んで、何か感じるところがあれば、
何であろうと取り上げるつもりだ。

逆に考えれば、
マイナーであればあるほど、
ネットの中に新たな知識がうまれることになり、
それは知識の蓄積が一層進められることになると言えないだろうか。
私の感想ぐらいでそれは大袈裟かもしれないが、
そんな気持ちでやっていきたい。

しかしネットの情報は玉石混交、
いや石ころばかりだとよく言うが、
私の感想など多くの人にとっては石ころ同然かもしれないな。

2009/6/25
あー、アンケートとりたい。
アンケート機能とかないのかなあ。

ていうか、この記事ちゃんと見てくれてるのかな。
絶対見ろって、強要するわけじゃないけど、
カテゴリーのトップに置いてるっていうのは、
そういうことなのであって。

何でもいいや。
とにかくブログ全体についてでも、
どれか一つの記事についてでも、

面白かった、どっちでもない、面白くない

評価をお聞かせくださいまし。
軽く理由なんかも添えてくれると助かる。
いや、こっちから追及したりするかも。

それから、
キルケゴールなど学問風な記事について、

分かりやすい、いやなんとも、分かりにくい死ね

こちらも評価をどうぞ。
評価はこの記事にしてくれても、
直接評価したい記事にしてくれてもどっちでもいいです。

全くもう、みんなシャイなんだから、
何も言わずに去っていくのね。

でもまあ、究極的には、このブログは私のものっていうか、
私が私のために始めたものなので、
感想とか、アンケート答えてくれたからといって、
必ずしもそれが反映されるとは限りません。

そうはいっても参考にはすると思います。
みなさん他人のブログなんぞに、
コメントする暇もないぐらい忙しいみたいなので、
気が向いた、暇だった、私に少しでも貢献したい、
そういった(かわった)方がおられましたらどうぞよろしく。

それから、大昔の記事だろうと何だろうと、
コメントどうぞご自由に。

見づらいから、ちょっとこの辺、色足してみてくんない?
ここ言い回し変じゃね?
誤字脱字があるぞ

などなど、対応できる限りやっていきます。

2009/7/17
こっそりメールアドレスを作る。
どくしょ(dokusyo)ぶろぐ(blog)あっとyahoo.co.jp

別にメールよこせって言ってるわけじゃないです。
こちらからメールする機会があったので、
そのメアドは確かに私だよ、と証明するために。

いや、メールしたければしてくれても構わないんですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:

そう、それはその通りでしょう。
私も色々と考えてはみるのだけれど、
そのやり方は容易だし、
読み手にもとっつきやすいように思えたのです。
そもそも私の意識が、そういうものを好みそうな人たちを想定しているのです。堅さを感じればすぐにでも逃げてしまうような、そんな人たちを。

しかし確かに最近は特にその傾向が強く、
自分としても、このままでいいのかとは考えているところでした。

私の文章にどういうものを期待されているのかがよく分からないので、なんともいえませんが、とにかくがんばっていきます。

ところで、この記事の文章は余りに酷いと思えたので、
内容は変えずに、
少しだけ文体を変えたりしてみたり。
本当は記事ごと書き直すべきだとは思うんですが、
まあこれはこれで、気持ちが溢れててよいでしょう(笑)
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。