08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』、訳:高橋健二

今回は少し本の内容に触れないでもないので、
一応追記という形で隠しておきます。
この本を読むつもりがあって、
内容について1ミリも知りたくないという人は、
この記事を読まないようにしましょう。

つい前々回
話の内容に触れないだのなんだの書いておいて、
何たる体たらく。




これはまいった。
面白くない。
世間で読むべき本の1冊みたいになってるから
一応読んでおくかと思ったが、
おそらくせっかちで
詩的な才のない現代人には
向いていなかったようだ。

がり勉が病んで自滅するだけの話にしか
思えなかった…。
ヘッセの自伝的小説ということもあって、
ヘッセその人に興味がある人は
いいかもしれないけど、
どうでもいい人に勧める本では
ないんじゃないかなあ。

一応、
詰め込み教育に対する
批判みたいなものがあって、
社会に示唆的な何かを
与えようとしているのかも知れないけど、
それにしても読むのがだるかった。

思春期で学校生活、
勉強生活に疑問を感じている青年が読むと、
また違った印象になるのかもしれません。
私には合わなかったみたい。

Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。