08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辰巳芳子『食といのち』

本書のエッセンス
・自分の体を作っているものへの気遣いをおろそかにしてはいけない。
・点滴や胃ろうなどでの摂取よりも、口から摂取
・料理はまとめて作って効率を上げる
・季節に合った食べ物、自分が欲するところの食べ物をとるべし


普段の食生活に
そこまで気を遣ってないことや
好き嫌いの多い偏食家でもあるので、
なかなか耳の痛い話であり、
なるほどと納得できるものであり。

分子生物学者の福岡伸一 氏とは、
「動的平衡」をもとに対談。
人の体の安定性は、
日々の細胞の生まれ変わりによって
めまぐるしい活動の結果として
保たれているのであり、
口にしたもの一つ一つが
自分の体そのものとなるのである。

総カロリー偏重主義はいけない。
車にガソリン入れるみたいに
ガス欠を避けて
エネルギーだけ取り込んでいれば
それでいいか、
いいはずない。

炭水化物、タンパク質、脂質など
バランスを取って、
1日に1食でOKではなく、
3食に分けるとかでやってかなきゃ。
そして人の味覚は
その人の食べてきたものの歴史。
これまで食べてきたものの
記憶や感じ方から
自分の味覚は日々形成されていく。
たぶん何でも食べたほうが
味覚のパラメータは広がるんだろう。

ファーストフードが
広がりを見せる今、
きちんとした食生活が
もっと意識されなければならない。
ファーストフードで育った人々は、
それ以外を知らないまま成長する。
そうして伝統のある食生活、
より効率的に人に力を与える
意味のある食の文化が
すたれていってしまうかもしれない。

本自体が200ページ。
そしてやたら空白の広いページがたくさん。
苦しい水増しが行われていないか、これ。
まあいいんだけど。

Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。