06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

山田篤実(ヤマダアツミ)『真珠の世界史』

名著。名著だわ。
これすごいわ。
力作だわ。

真珠から
世界史を見るって
内容だけど、
逆に世界史で
真珠って取り上げられてるのを
見たことってなかった。
それゆえに衝撃。新鮮。
新たな研究分野を
開拓する書だったね。
…まあ私の無知は置いといたとしても、だ。

真珠の歴史に関する研究は
たぶんそれほど
蓄積されてなかったのだろう。
内容がとにかく地道に
資料を集めて
頑張ったんだろうなあと
感じさせる。
本気で研究やってる感。
まだまだ手の届かなかったところや、
細かい部分での検証が
弱いところもあるかもしれないけど、
意欲的ですごく良かった。
ほかはまたこの本読んだ誰かがやってくれるよ。

真珠のでき方から
人々への真珠の受け入れられ方、
そして採取の苦労、
産地の変遷などなど、
真珠の日本・世界史を総ざらい。
真珠ってすごかったんだ。
概要的な部分もいいけど、
供給側(企業)と需要側(消費者)の
動向が詳しく述べられるのもいい感じ。
真珠を巡って人々が
どんな思惑で動いていたのかが
よくわかった。

にしても中世西洋人やっぱりひどい。
未開人とみなした相手には
容赦ないしごきっぷりでドン引き。
人の皮をかぶったxxx(自主規制)

さて、
日本も主要な役者として登場するが、
正直こんなに頑張ってたなんてね。
真珠のイメージって
それほど高くないというか、
宝石として大したものでもないし、
なんかもう時代遅れてるし、
みたいな素人全開な思考だけど、
大したものでなくしちゃったのは、
日本だったんだねえ。
すごいねえ。

この本を読んで
真珠の印象が少し変わった。
真珠は世界史的な価値のある宝石だった。
人の歴史の厚みを持った宝石だ。
今は養殖できて安くなってもきたけれど、
見た目が変わったわけじゃない。
今も真珠は美しい。

思わず真珠がほしくなる・贈りたくなる1冊。

No title

このブログ読んで、気になって、本買いました。
その本読んで、気になって、英虞湾まで行って真珠採ってきました。

生きたアコヤ貝を海から揚げて、開いて、身をほじって、でろんでろんの真珠を取り出すと、小槌のようなイビツな形。養殖業者のおっちゃんが「モノにならんから」と言ってタダでくれましたイェーイ。
なおその後ちゃんと丸いのも採取。

わりと満足感のある旅になりました。その締めに、勝手ながら今回の旅の端緒となったこちらにコメント。

ちなみにアコヤ貝の貝柱はわりと美味!

Re: No title

す、すごい。

真珠の取出し体験ってのがあるんですね。
それにしてもちゃんと真珠引き当てたとは幸運。
すばらしい。

しかし読んでもない本からよくこんなブログたどり着いたものです。
またわざわざ励みになりそうなご報告ありがとうございます。
感謝!
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示