10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

川上未映子『ヘヴン』

川上未映子の『ヘヴン』を読んで
 私がこの本を読もうと思ったのは、「川上未映子」という作者の名前がなんとなくテレビなどで見た記憶があったからです。確かちょっと変わったタイトルをつけることで有名だったように思っていましたが、この本は普通のタイトルだから、人違いだったかなと自分の記憶に自信がなくなってしまいました。でも、作者の説明を見ると、デビュー小説が『わたくし率 イン 歯―、または世界』となっていて、「あ、やっぱりそうだった」と少し安心しました。
 いやしかし、なぜ安心する必要があったでしょうか。きっと私がミーハーだったからでしょう。人気のあるものはすきなのです。別にいいじゃないか。
 それにしても話のないようですが、明らかに幸せそうな感じがしてきません。話の主軸にあるのは「いじめ」であり、非常に胸糞の悪くなるようなストーリーです。ただ、この人の小説は何か普通と違うような気がしました。その違和感は「コジマ」の抱く主義主張に始まり、主人公といじめっ子との論争により爆発していきました。何だろう、これ、パースペクティブの話か。
 いじめられっ子というのは、色々と考えることがあるでしょう。子供の世界は狭いものです。学校を中心とした生活が自分のすべてになるものです。どこかに逃げようとかなかなか考えられません。だからひたすら自分がどうしていじめられるのかを考えて悶々としてしまうのでしょう。しかしそういう内向きな思考で解決できることはあまりないものです。主人公は自分がいじめられる原因を斜視であることに求めましたが、それは必ずしも正解ではなかったことがいじめっ子の口から表明されました。
 彼らの議論が中学生のそれとは思えなかった、とかいう野暮な印象はどうでもよいとして、実に客観的なものの見方をしているようでした。常識、正義、倫理、権利、世の中には色々な当たり前と考えられていることがあります。でもそれは、必ずしもすべての人にとってそうとは限りません。いじめっ子の論理は実に単純明快です。自分のやりたいことをやるだけ。倫理観とかそんなものに興味はありません。欲望が最大限重要視されます。欲望のまま行動をとることが許されるのは正真正銘の強者であると思います。現代の先進国を中心とする世の中というのは、弱者に対して実に優しい世の中であるといえます。法律は弱者を守るし、権利というたいした実体もないものを盾に、弱者にとって都合のいい現実を引き寄せることができます。人としての権利、学生としての権利、労働者としての権利、など。色々あるでしょうが、そういう価値観は結局人間が作り出したものに過ぎません。この世の真理として最初から用意されていたわけではなく、人間が発見した概念です。今こうして弱者が強者と戦うために使えるツールが、法律や権利といった概念の力であって、私たちは強者にいいように使われないために、ごみのように扱われないために、抵抗しているのです。そのような武器を守るために、私たちは自らの持つ権利や、自らを縛る規則に対してできる限りふさわしい行動を心がける必要がありましょう。私は弱者のための世界を支持したい。
 弱者が権利を主張し続けていられるのは、それに賛同する仲間が大勢いるからです。強者による一方的な支配を望む人間の数は高が知れています。そのような支配の中で利益を得られるのはごくわずかな数でしかないからです。しかしながら強者は強者ゆえに強大な力を持ちます。数をものともせず、力と陰謀によって支配を強めることは決して不可能なことでも、非現実的なことでもありません。ゆえに賢く頑強な弱者となって、私たちは私たちが快適に生きられる世の中を実現していかなければなりません。いやなことを拒絶し、すべて強者の思い通りに動いてはやらないということ、それが私たちの人間性を維持していくための戦いだと思います。
 ここまでやや抽象的に話を進めてきました。最後に少しだけ本書におけるいじめを考えます。先に「コジマ」ですが、彼女は少し無理をしすぎています。考えはずいぶん立派でしたが、そこまでする意義を感じません。自分たちが弱き存在としてあえていじめられることで、他の弱い者たちに対しても力を与えられる存在になるということが、どうしても必要なことと思われませんでした。これは個人の問題であって、他人のことなど気にする意味がありません。ここまで自己犠牲が強いと、まるで勇者か英雄のようでもありますが、自らそれになりたがるとは狂気だと思います。一人の人間がそこまで背負い込んで普通でいられるはずがありません。最後に狂って押しつぶされたのも無理ありません。
 主人公のほうは、ラストにずいぶん救われたような描写なので、良かったねですませたいのですが、正直先天的な差異は大きなハンデだと思いました。これはきつい。標的にしてくれといっているようなものです。周りがまともな人ばかりならば問題なくとも、ストーリーのように常軌を逸したクラスでは厳しくなりますね。私だったら問題にならない程度にこそこそ嫌がらせをするぐらいしかできないかなと思いました。



何とか2000字を超えました。
時節柄、
なんとなく本気の読書感想文に
近いスタイルをとってみました。
大変ですね。

それにしてもこの偶然は何なのか。
川上未映子と
永井均って対談してるのかよ!
後半の内容が
思いっきりニーチェの
パースペクティブだった。
私はこの二人の
つながりなんて全く知らなかったよ。
ほんとだよ。

しかしこの作者人気なんだよね?
「圧倒的な反響を得た著者の新境地」
とか紹介されてるんだけど、
子供のいじめとか、
こんな気分悪い話読んだ人間が
そんなにたくさんいるわけ?
普段の私なら
絶対手に取らない内容だったわ。
偶然ブックオフで
買い物することになって、
特にほしい本があったわけでもない、
何選べばいいんだろ、
あ、この作者聞き覚えある
うわ、いじめかよ
まあでも一冊ぐらい作者チェックしとくか
と、
ほとんど作者買いよ。

ただやっぱりうまいと思った。
面白いのは面白い。
気分は良くなれないけど。
今度会うときは、
もう少しうれぱみんが分泌される読み物で会おう。

Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
バイクや車でドライブしたり、電車や飛行機で旅したりします。忙しいからブログさぼってもいいよね?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示