10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

永井均(ナガイヒトシ)『これがニーチェだ』


新書だし
語り口調がラフなので
すぐ読めてわかるかと
期待したが、
そうでもなかった。

難しくて彼の言いたいことは
よくわからなかったし、
ニーチェのことと
自分の考え一緒に
述べまくるから、
それもニーチェ?
 と疑問に思ったりした。
でもまあこれでいいんだろうと思った。
私としては大きな問題にならなかった。

彼の言によれば、
ニーチェが述べたのは状態だった。
「その人が現にそうあるところのもの」であったり、
個々のパースペクティブを離れた
客観的な世界はないよってことだったり。
偶然なんだけど、
必然的なっていうのは
結局自分の意志で
どうすることもできないのだから、
それならニーチェは
単なる分析してただけじゃん
っていう感じがした。

哲学を仕事で
あれやこれやと
考えないといけない人は、
こういう
ややこしいことを
考えないといけないのだなと思った。

でもおそらく、
ニーチェという名前が、
割と一般の人にも、
哲学者としては
知られているというのは、
そんな分析に
興味をもたれたからでは
なかったろう。

アフォリズムも目を引くけど、
ルサンチマンとか、
力への意志とか、
ツァラトゥストラとか、
ニヒリズムとか、
超人とか、
永遠回帰とか、
かっこいい名前の用語が多い。
本の名前すらかっこいい。
いわゆる厨二心を
刺激するという感じなのだけど、

そこは置いといて、
基本的にニーチェは
きちんと読まれてないと思う。
この著者が言ってるほどの深さでは。

私だって読んでないし、
著者の言葉を聞いても
ふーんぐらいにしかならない。
やっぱり私には
私が勝手に薄っぺらく
思い込んだ解釈で
いいやと思える。
ニーチェはお説教とか
社会のために、
とかそんな理由で
書いたわけじゃないと著者は言う。
うん、たぶんそうなんだろう。

でも初めて私が
触れたとき、
何かこう自分を変える力を
感じたよね。
特に永遠回帰。超人。

人生は何度やっても
同じことが同じ順番で
ただ必然的に(偶然的なものが)
繰り返されるっていう、
それ自体無機質な考えだから、
そのために
自分の人生後悔しないように
今を生きろとか
そんな安いこと
言ってるわけじゃ
絶対ないわけだ。

にもかかわらず、
自分の人生を
肯定できる「超人」になるため、
肯定できるような生き方しよう! 
いやなこととかも受け入れられるおっきな人になろう!
とか正直考えちゃったよね。

ニーチェは私に勇気を与えるために
執筆したわけじゃないと思うけど、
勝手に私は感動してたよね。
おそらく私だけじゃなくて、
大方世間の人は、
何かしら間違って
ニーチェ受け取ってると思うよ。
じゃなきゃただの状況分析みたいなのが、
こんなに受けるわけないよ。
哲学としてはやたら流行ってんじゃん。

そんなわけで、
著者ほど正確にニーチェを
知りたいと思ってる私ではないけれど、
改めて中身を確認するという意味でも、
悪くなかった読書だったなあと思いました。
わかんないから
結構さらさらっと流して読んでるよ。
まじめにわかるまで
ページ繰らないとか
そんなことする必要はないからね。

ちょうど夏休みだからね、
ほら、
感想文にニーチェとかどうですかね。
あとあといい思い出になるよ(笑)

Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
バイクや車でドライブしたり、電車や飛行機で旅したりします。忙しいからブログさぼってもいいよね?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示