08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡弘樹『傍聞き』

さらっと読める普通の
短編小説だなと最初は思った。

帯捨てたからもうないけど、
書店員が一番売りたいみたいな
猛烈アピールに押されて、
ちょっと旅行先で買い求めた一冊。
暇さえつぶせれば
何でもいいと思ったので
あえて引っかかってみた。

読みながら、
細かいところが詳しくて
実際に公務員でもやっていたのだろうか
などと思っていたが、
後ろの解説を読んで驚いた。

細かい取材をするのは嫌い。
小説家なんだから想像で書いたらいい。

この考えが気に入った。
読み手に本物だと思い込ませれば
それでよいのであって、
私はまんまと思い込まされたので、
素直に彼を賞賛せざるを得ない。

どの作品もすっきりしていて
読みやすかった。
結末も基本的に
ハッピーエンドなので
力抜いて読める。

表題にもなっている
「傍聞き」がやっぱり一番いいと思った。
娘の行動は気づいたが、
もう片方は気づかなかった。
二重に仕組んであったとは、
やられたな。

Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。