06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

デイヴィッド・マレル『オレンジは苦悩、ブルーは狂気」訳:浅倉久志

あることに気づいているかどうかで、
要領のよさがだいぶ変わってくる。

何をするにしても
状況をいかに読めているかが
よりよい行動への手がかりになる。

それはあたかも神様にでもなったかのように、
物事を俯瞰できることが大事なのだ。
鳥のように。
ゲームしてるときの人間のようにでも。

まあ、
まず気づかなきゃならないのは、
そういうものが
社会に求められてる
スキルなんだということだろう。

効率重視な世の中だから、
できなきゃなかなか生きにくい。
いい悪いは別にして、
そういうものだということぐらい
知っておいてよい。

効率なんて気にしないなんて人も、
とりあえず知っとくだけ知っとけば、
それなりに対応できなくもないので、
どっちみち気づいといたほうがよい。

たまに、も少し頭使えというふうに
バカにされるような、
いや実際バカなのかもしれないが、
そんな人がいるが、
それはやっぱりほんとに
バカなのかもしれない。
気づくどころじゃないのだろう。

バカ直すんなら
日ごろから頭使うのがよい。
何か気づくにしても
ぼーっとしてては無理だ。
バカなら本読むなり
勉強するなりすれば、
ちっとはよくなるだろう。
誰だって。

他にもいくらでも
やりようはあるだろうから、
そういうのがいやなら
別の方法自分で探せ。
でもそれができるなら、
最初からバカになんかならないかもな。

ただバカだからって
それでいけないなんて言いやしない。
バカでいたいなら、
いやバカはそれすら
気づいてないかもしれないが、
そのままバカでいたらいい。
それで生きられるなら、
それはそれで
はっぴぃ。

でも開き直るなバカ。

開き直るようなバカは
本当のバカとは認めない。
ただの傲慢だ。

以下本の感想めいたものが
始まったりするので、
ねたばれとかいやな人は
読まないほうが
べたー








ファン・ドールンその人は
あくまで凡人であったと、
そういうことなんだね?
最初に隕石落とした、
その「神の杖」を落っことした
神こそが、
さいきょー、
なんだね!?

天才は神に与えられたものでしかなかったか・・・。


この小説書いてんの『ランボー』の作者だって。
まあどうせあちこちで言われてんだろな。
どうでもいいか。

とにかく面白かった。
私がこうして
お、感想書けるわ、
なんて思っちゃうぐらいに。
(いやな判断基準だ。)

まあどうせいろいろ頭の中で
考えてたことがぐるぐる
し始めてたころなので、
ここらで何か書いとくのが
ちょうどよかったんだ。
上の文章なんかは、
そんなとこにかこつけて、
書かれたようなもんだ。

ところでこの話、
流れからして、
最後はやっぱり主人公も・・・
と思ったら、
意外とタフに終わってたとこが
よかった。

「わたし」としては、
2度も失敗を見てきてるわけで、
一応の謎は解けてるんだよね。
狂ったものが見えてはいるけど、
まだクールな思考余地も残ってるね。

美の中の醜っていうのが、
どれほど人間にとって真実的、
感動的なのかは知らないけど、

この見えてるものが、
神様的に、
絶対的に、
哲学的に、
本当かどうかっていうのは、
おいとくとしても、
やっぱりこう、
ちょっと、
どれほどのものなんだよっ
って気になったりして。

でもやっぱりそんなものが
真実、
イデア的、
とでもいうような
ものであってほしくは、
ないねえ。

最後まで生き抜いて、
「わたし」

案外そいつを極めたとこにこそ、
最高の美が待ってるとか、
そんな展開もあり?

ちょっとご都合すぎるか(笑)


さて、実は今回
『贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き』
という
宮部みゆきが編集した
ホラーアンソロジーから
1本をとってきて
感想書いてました。

この本なかなかおもしろい。
ホラーの古典を集めてるから
私みたいな初心者にも
ぴったり。

まだ最初の3本しか読んでないから
もしかすると、
またここから
とってくるかもしれませんね。
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示