06
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

『重力ピエロ』伊坂幸太郎

面白かった。
この人が人気なのは知っていた。
そして彼の作品の特徴

「卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!」
というのも知っていた。
(ちなみにこの文章は、巻末の彼のデビュー作品を紹介してるところから拝借した。)

どうもこういう持ち上げ方を
されているのを見ると、
普段、あまり本を読まない人が
幾分興奮しすぎて、
みいはあ的な好まれ方をされてて、
過大評価じゃないかなあ、
などと疑念を生じさせてしまったりなんかして。

実際に読んでみて、
思っていたほど悪くなかったなと感じた。
偉そうな物言いだけど続ける。
気の利いた云々は確かにそうだし、
若さを感じた。

参考文献が載せられてて、
確かにそれらの知識が
ふんだんに利用されているのはわかるし、
初々しさを感じた。
そうだ、初々しさなんだ。
持てる力を尽くす。
あの手この手で
面白くするぞという意気込みと
また自信が感じられた。

私にも身に覚えあることだし、
悪いことではない。
ただ、彼はずっとこの路線でいくのかな?
とは思った。

私はまだこの1冊しか
読んだことがないから、
他の形態があるのかは知らないけれど、
次を読むためには
少し時間が必要かもしれない。

この本が厚かったこともあるだろうか。
正直ちょっと飽きた。
ひとまず1冊で満足。
もうおなか一杯。
以上が読後感。
面白いことは面白い。
Secret

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示