10
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐々木丸美『崖の館』

買ってから10年
積まれていた本を今頃読む。
面白かった。

舞台は人里離れた館。
登場人物は聡明そうな若人たち。
彼らが知恵を出し合い
怪奇事件に挑む。

ん? 
これどっかで見なかった?
割と最近一時的にマイブームになってた
綾辻行人の「十角館…」シリーズやん。
いわゆる、新本格、
ってやつなのかな。
ところがどっこい、

何とこの作品
1977年に刊行されている。
次代を先取りだったんだね。

芸術や哲学、文学などの
知識による持論を各自展開していくので、
そういうのに
うんざりする人じゃなければ読める!

登場人物たちは、
みんな素晴らしい人ばかり。
男性陣は聡明で頼りがいがあって、
女性陣も聡明で
美しい見た目と精神の持ち主ばかり。
こんないい人たちが
一斉に集まるわけないからフィクション!
なんて言ったりして。

前の自分は
特に抵抗なくこういうものを手に取ったようだが、
今読んでいて、
どうも見えない恐怖に
押しつぶされていく感がホラー的で、
今の自分には
あんまり楽しめない感じも覚えた。

この本が面白くなかったとかではなく、
単純に怖いという感覚になって、
今現在の私は、
こういうジャンルを求めていないようなので、
しばらく人死に系は
読まないかもしれない。

スポンサーサイト

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
バイクや車でドライブしたり、電車や飛行機で旅したりします。忙しいからブログさぼってもいいよね?

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。