07
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿辻哲次『漢字を楽しむ』『漢字三昧』

タイトル通り
今回は漢字攻めです。
漢字に興味がある人ならばおすすめ。
めちゃくちゃ面白かった。
私は。

普段漢字を使いながらも、
不思議に思う事柄はたくさんある。
たとえば漢和辞書なんかに出てくる
「漢音」と「呉音」、「唐音」
とか、
口腔外科の読み方が
「こうこうげか」じゃなくて「こうくうげか」、
腹腔は「ふくこう」じゃなくて「ふくくう」
ってなるのは何でなんだとか、
「しんにょう」の上の点が
1点だったり2点だったりするのは
何なんだとか
その場で見たときは疑問に思うけど、
わざわざ理由を深く調べるでもなく、
なんとな~く長い間、
わからないままの疑問というのは、
普段日常の中でたびたび
現れながらも、
また埋めなおしていた。

個人的には、
そのような疑問が一気に解決された、
というぐらいの爽快感があった。

とりわけ紙幅が費やされた部分に、
学校などにおける漢字テストで、
漢字の書き取りテストが行われ、
「とめ」「はね」などを
教科書に印刷されてある通りに
書いていなかったことは、
減点対象となりうるかの問題があった。
すごく面白かった。

中国の書の大家が
こう書いてるじゃないか、
王羲之は「環」の字の右下のとこ
「はね」て書いてるとか、
大変痛快だった。
何より驚いたのは
当用漢字を制定した文化庁が
デザインの問題だからどうでもいいとはっきり
明言していたところ。

フォントの
明朝体と教科書体の違いについても、
意図とかデザインの差異とか、
初めて知ったけど、感動した。

でも残念だけど、
漢字の書き取りテストにおける理不尽さは
これからもなくならないだろうなと思った。
当の採点する側、
国語教えてる教員が
みんなそこまできちんと勉強すると限らないから。
こういう知識は、
やっぱり本当に好きで国語を教えてる人じゃないと、
たどり着けないだろう。
ただでさえ毎日忙しい教員だし、
勉強熱心な人ばっかりじゃないし、
スタートからして、
そこらの大学生がなれるようなもんだし。
知ろうとしないと身につかない知識の類。
各自が大人になってから、
本当の、正しい、美しい、漢字を自分で知るしかない。

「重複」と書いて「じゅうふく」と読んだら、
間違い! とか言い立てる人も同類だからね。

さて今回は似たような本だったからまとめたけど、
どっちも似たようなことが書いてあった。
実際何か所か同じ事書いてるし。
ただどっちすすめるかっていうと、
『漢字を楽しむ』(講談社現代新書)のほう。
漢字書き取りテスト云々とかはこっちしか出ない。
より日常に近いことが詰まってるのがこっち。

『漢字三昧』(光文社新書)
こっちは、中国の話が多めに出てくる。
人によってはたぶん退屈。
私は中国語かじったこともあるからね。
ちょっとしたアドバンテージだと思うね。
いやあんまり関係ないけどね。
自信の問題だよ。

ま、どっちにしても新書だから。
興味あるとこだけさくっと読むのもいいね。
両方読み通しても大丈夫だよ。
ちょっと半日つぶれるぐらいだよ。
…眠くなってきた。

気に入った言葉
「約定俗成」
「約定まりて俗成る」
みんなのすることがやがて社会的習慣として定着して一般化する

スポンサーサイト

三石由起子『「お受験」の内側―幼児教育の現場から』

別にお受験を考えているわけではなく、
なんとなく目に留まってちょっと読んだだけ。
2時間もかからなかったと思う。

私自身公立の学校にずっと通ったため、
小中学校でのお受験の感覚というのは、
理解できない。

見知らぬ世界を
知りたいと思うのは当然のこと。

お受験のイメージは
マスコミで報道される
レベルにしか得てないので、
いわゆるお受験ママの
怖い姿が思い浮かぶ。

ただ一方で、
理想的な家庭による
お受験もたくさんある。
低レベルなお受験ママは、
経済的にも精神的にも
低レベルなのである。
豊かな生活、
豊かな精神性を
持つ家庭で、
完璧なるお受験が
行われているという、
一般庶民たる私には
想像しえなかった、
経験しえなかった生活が、
そこにはある。

幼い子供に
ペーパーテストを課すというのは、
子供に過度な苦痛を
与えるように思えるが、
それは必ずしも
苦痛にばかりなりえない。

というのは、
そのペーパーテストを
クリアするための知識を得る過程にも、
非常に重大な価値を
持つからである。

たとえば知識を試す問題として、
日本の年中行事、植物、動物など、
ある問題が出題されるとする。
それを紙の上でだけ、
つまりただ単に
暗記するだけでは、
まったく面白くはない。

しかし、
幼い子供がより深く知識を
自分に定着させるために、
それを経験によって
身に着けてしまえばどうか。
ひな祭り、
端午の節句、
クリスマスほか
さまざまな行事を
きちんと家庭で意識して楽しみ、
外へ出て散歩の途中に
植物、昆虫を目にしては、
それらについて
親から説明を受け、
体で理解する。
また動物園、植物園、博物館などに行き、
楽しんで学ぶ。

このように親からの
最大限のサポートを受け、
互いに親密な
コミュニケーションをとりながら、
知識を深め、
人間性を高めていくことを
幼少期から行うということは、
子供にとって、
家族にとって
幸せなことである。

こうした体験への
エピソードが本書中に現れ、
子供の知識探究心を刺激し、
ペーパーテストを
楽しませることができるというのは、
まさに目からうろこであった。
そしてこのようなテストを作る学校側として、
まさにこのような人間味あふれた子供を
入れたいと望んでいる。

ただ本気でこういうことを実践できるのは、
年収2000万以上とか
そんな記述もあったので、
やっぱりこれ縁のない世界だなあ!
としみじみ思った。

しかしまあ、
学びという面で、
参考になる部分は
多くあると思う。
貴族の振る舞いは
一朝一夕でまねできないけど、
お金なくったって
散歩はできるし。
親はいろいろ教えるために
勉強しなきゃかもだけど。
お受験の準備だって、
子供に対する愛情表現として
使える家庭もあるのかも。
要は子供にかまってやるのが
大事ってことだろう。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。