03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

レイチェル・カーソン『沈黙の春』訳:青樹 簗一

言わずと知れた
環境問題提起の名著。
殺虫剤の濫用の危険性を説く。

名著なのは間違いないが、
いっぺんに全部読もうとすると
かなりだるい。
なんせ同じような話が
何度も繰り返されるので。
もとは雑誌か新聞かの連載で
やってたのをまとめたから。
専門用語もほとんどわからないので、
気にせずさらさら読み飛ばす。

原本の出版は1962年アメリカ。
‘Silent Spring’
知人の手紙で
殺虫剤による生態系の破壊を知らされて、
大変な調査に乗り出すことに決めた。

「沈黙の春」の題は、
最初少し読むだけですぐわかるが、
冬を超えて
春になっても、
鳥や獣や魚などの生き物が現れず、
木々も枯れてしまって
生き物の鳴き声が聞こえず、
植物の衰退で風景に彩りがなくなった
世界を想定したもの。

発行当時、
害虫駆除のために
ヘリで空から大量の
殺虫剤をばらまいてた。
その殺虫剤による人的な被害、
自然破壊は起こらないはずだった。

でも現実には、
人が死んで、
生き物は減少して、
そこらじゅうに
殺虫剤が残留してしまっていた。
ばらまかれるだけじゃない。
人は誰でも殺虫剤を
容易に手にすることが
できるようになって、
庭の手入れに除草剤だって
気にせず使った。

一つ一つの薬剤を見てみれば、
規定の量を超える使い方を
しなければ安全は得られる。
でもその化学物質は
ほかの薬剤の化学物質と
組み合わさることで
致命的なダメージを
与えることがある。

ものすごく単純化すれば
ある一つの薬剤を単体では、
100使っても大丈夫だとしても、
別の薬剤を併用することで、
たった1使っただけで
凶悪な被害をもたらすことだってある。

問題はそれだけではない。
一つの薬剤のみの使用でも、
ずっと長く使い続ければ
次第に蓄積されていく。
たいていこういうものの使用は
1回で終わらない。
何度も気軽に使っていくものだ。
だからやはり
無頓着な使用は危うい。

さてこの本が出版されたのはかなり古い。
今ではもう危険な
殺虫剤の使用は禁止されたし、
すでに過去の話としてしまえば
いいのだろうか?
私は専門家ではないから
まったくわからない。
わからないが不安にはなる。

わが国も経済成長期には
散々公害などを問題とした。
今は浄化技術も発展して、
大きな問題はなくなったように
思われる。
だが本当にそうなのか。

私事だが
今花粉症やばいじゃないか。
アレルギーなんだよ。
たいへんだよ。
私がこんな目にあっているのも
知らず知らずのうちに
こうしたよからぬ影響を
日ごろから受けているからに違いない!
そ、そうか、
そういうことだったんだなあああ!
以下略。

話をまとめるのが面倒になったのでおわり!

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』

これからこの本を読もうと考えている人は、
この記事を読まないことをお勧め。



カバー買い。
タイトルが美しい。
装丁も真っ白な背景に、
上から桜が枝垂れて、
下からはにじんだ緑が少し。
さぞおしゃれできれいな
物語であることだろう。

まさか一行目で打ち砕かれるとは思わなかった。
「射精したあとは動きたくない。」
思わず舌打ちをした。
なんてこった。
セックスを中心とした
気だるい現代若者の
恋物語がつづられていくのかと思うと、
私は非常にうちのめされそうになった。

もうこの場で
投げ出すという手もないでもないが、
480ページの文庫で
なかなかの厚さである。
お値段だってちょっと高い。
買ってすぐの本を
そのまま捨てられるほど
私はリッチではなかった。
貧乏性なので
むしろ物をため込むほうが得意だ。
それにもともと
内容のある本を
期待していたのではなく、
本を読んで時間をつぶすことが
大きな目的だったので、
やはり読むしかなかった。

登場人物に
高校生の後輩が現れ、
主人公はその7つ上であるという記述から、
20代前半であるらしいことが見て取れた。
その彼が高齢者をだます
インチキ商売団体の調査を始めた。

なぜか愛用の車は
BMWにわたる前の、
本当にまだ小さかった
あの古い「ミニ」のようだ。
若いからかっこつけに
「ミニ」に乗るのはわかる。
でもその選択は変わっていると思った。

物語は今の主人公だけでなく、
別の人物の視点になったり、
主人公が社会に出たばかりのころの
場面に変わったりもした。
章が変わるごとに
場面が変わったりするので、
ころころ変えてどうしたいんだろう、
何の関係があるんだろう、
とか思った。

結果として、
疑問となっていたことは解消された。
私が第一印象で
気に入っていたタイトルのほうも、
「葉桜」なんてどこにも
でてこないじゃないか、
タイトル詐欺だろう、これ
とか思ってたが、
それも解決された。

読後の感想としては、
なかなか面白かった。
すらすら読み進めるし、
最後の部分には衝撃を受けた。
著者はこのゴールに向かって
ずっと下準備をしていたんだなあと感心した。

ちょうど
お花見シーズン到来という時期だが、
桜の木は花の時期だけ
生えてくるわけではない。
ずっとそこにあった。
でも普段はあんまり
気にしてくれる人もいないから、
花を咲かせる今だけ、
思い切り目立って、
咲き誇って、
花が散ったら
また来年までみんな見なくなる。
見られてなくても、
桜の木は生きている。

描かれた物語は、
主人公の劇的な瞬間をとらえたもの。
彼にはすさまじい情熱があった。
その情熱が読者たる私を圧倒していたのだった。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示