07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
   

八木透 編著『民俗学の視座―関西のフィールドワークより』

民俗学の答えは「私」なのではないか。

趣味的でない
民俗学が学問として、
目指すところはやはり
普遍、一般性であり、
これを民俗学に適用した場合、
各種儀礼、習俗などを
行うことの原初的目的が問われてくる。

民俗学は歴史学とは違うのであって、
それは何を以て違うかといえば、
歴史学が過去に起きた
たった一度の大事件を
主に扱うのに対し、

民俗学は人々が
日々繰り返す日常生活に
焦点を当てていることにおいてである。

人々が何気なく生活する中で、
食べたり眠ったり、
遊んだり排泄したり
生殖したりするが、
そうやって年を重ねながら、
また成人したり
結婚したり
死んでしまったりする。

このようなところで、
儀礼やら習俗やら
風俗やら呪い(まじない)やらが生まれ、
民俗学はそのことの意味・目的について
より普遍的に考え、それを明らかにする、
したい。

そうすることで
範囲は狭い地域を越えて、
広く人間一般について
知ることができるかもしれない。

ただ私は思うのだが、
民俗学というのは
とても狭い地域で調査が行われる。
そこでさまざまな民俗的行事に触れ、
分析するが、
実際そういうものは全て
人々のごく個人的な欲求に
よっているのではないだろうか。

そこから見出せるのは、
真理云々といった大げさなものではなく、
とても身近で、
なるほどと思える程度のもの
なのではないだろうか。

たとえば全国各地に
性器を祭るような風習が、
アホほどあるわけだが、
そんなのを見ると、
あーヤリたいんだなと思うし、
成人の儀にしてもめんどくさいのとか、
グロいのとか、
エロいのとか色々あるけれど、
そういうのが好きなんだろうな
という感じになってしまう。

雨乞いとかの儀式は
雨降ってほしいからやるし、
何かと理由つけて
特別なことするのも、
時にはちょっと
過酷なものにしてみるのも、
なんだかその方が効果でそうじゃない、
っていう
それくらいの感じで
始まったんだろうなって思えるし、
やはりそういうものは
ごく個人で考えられるような、
浅そうなものが多くあるのだと思う。

そう考えれば、
民俗学に興味を持って、
こういう祭りあるの? 
もっと俗悪なことを言えば、
エロいのとかあるの? 
などと疑問を持つ者に対して、
自分がそういうことを
考えたのなら
きっとあるだろうと
答えられるのではないだろうか。

村レベルでやっていることだから、
そういう個人的な欲求は
そこそこ通るだろうし、
ほかにも同じようなことを考え
同意にいたるのも、
そう難しくないだろうから、
個人個人がなんとなく抱いた欲求が、
いつのまにか総意になっていた
などということがあることは
あながち変な話でもない。 


これこれこういうことはあるの?

自分でそういうことがあったかもしれないと考えたなら、それはどこかであったかもしれないと考えてよい。少なくとも自分でそういうのがあったのかもしれないなあと少しでも思ったのなら、どこかの辺鄙な土地でそれが行われた可能性は十分ある。すなわち君らの言う民俗学の答えは君らの中に全てあるのだ。君である「私」がそのように考えたのなら、君以外の誰かもそう考えたに違いない。それを行動に移してる人もいるだろう。君らの民俗学は、すべて君たちだ。誰かに教えを乞う必要はない。好きに考えよ。


さて、最初の答えは、こういった人達に対する返答として浮かんだものだった。
まったくもうほんとに人間はエログロに興味津々でマゾなんだから。


しかし民俗学における答えが
「私」だというなら
社会学でも同様の結果が
得られるのではないだろうか。
範囲が狭いからどうという問題ではなく、
両方とも一人ひとりの人間によって
構成されているのだから、
社会全体に当てはめても
同様の結果が得られるはずではないか。
と、なってくると
また考えるのがめんどくさくなってくるので、
もうやめる。

読書感想文の季節

またこの時期がやってきました。
毎年恒例読書感想文。
夏休みといえばこれですね。

多くの人々が苦しめられ、
本が嫌いになる時期ですね。

私自身こんなところで
誰に強制されるわけでもなく、
だらだらと文章を
書き綴っているわけですが、
これはやっぱり
誰かに言われて書くものじゃないと
思うのですよ。

読書感想文という宿題は、
多くの人にとって
ただの苦行にしかなりえず、
ただでさえ本を読まない子が
さらに読まなくなりますね。

進学するにつれて少しずつ
本を選ぶときの自由度は増すと
思いますが、
無理に図書館にあるような
読書感想文を書くための本を選んで、
つまらない本と
つまらない読書感想文
という記憶がセットになって
本嫌いが加速します。

そもそも読書感想文が
なぜ難しいかということを考えれば、
それは普段から
文章を書きなれてない
子供たちに対して、
自分の思ったことを書けという、
これまたとんちんかんなことを
課されるからなのです。

語ると長くなりますよ、これは。

文章を書くというのは
すごく難しいことなのです。

大人ですらまともな文章が
書ける人というのは、
実はあまりいません。

主語述語目的語を
きちんとはっきりさせるとか、
そういうレベルから
できないという人はいっぱいいます。
それでも案外生活していけちゃう
ってことなんですね。

それと、ちゃんとそういう教育を
受けられてないってことですね。
というか、
そもそもちゃんとした文章を
書こうと思ったら、
大量の本をきちんと読んでいかないと

身につかなかったりするんですよね。

教育の仕方が悪いってばかり
言えないのです。
もちろん本の内容も
きちんとしたものでないと
意味がありません。
へたくそな文章で
書かれた本を読んだって
意味がないことなんて誰でもわかります。

でも本読むかどうかなんて
本人が決めることですし、
高校生以下の子供が
自分でそういう割とまともな、
お堅い本を読むことって
まずないですよね。

だからやっぱりそういう子供たちにとって
文章書くのは大変なんですね。
書かなきゃ文章は上達しないっていうのは当然あるけど、子供たちの力量っていうのはもうそれ以前の問題っていうか、話にならない。あんまりにもわかってなさすぎて、いくら書いても無意味ってぐらい。

文章書くのに大事なのは、
読む人にきちんと
自分の考えが伝わることです。

わかりやすく、
簡潔に伝えるために、
文章や論理を破綻させては
いけないのです。
中にはうまいこと破綻させて
面白くすることができる人もいますが、
初心者のやることじゃないので
気にしないでいいです。

それから自分の思ったことを
書けって話ですが、
子供たちにそれを
求めるのは難しいです。

彼らも彼らなりに
書いちゃいけないことがあるということ、
なんとなく模範解答のイメージ
みたいなものを持ってます。
優等生ぶった、
絵に描いたようなピュアチャイルド
みたいな演出がほしいんだろ
センコーどもはよー
みたいなことを割りと理解してます。
(あるいは誤解か)

普段から模範解答ばっかり
求めといて
いきなり思ったとおり書け
とかいったって無理があります。
余裕で模範解答探ります。
そしていざ
過去のコンクール優秀作など
調べる人が現れますが、
もれなく挫折します。

さてなぜでしょう。
答えは簡単。
ほとんど自分の経験を
書きまくりだからです。

おい、なんだよこれ感想でも何でもねえ。

参考になるはずがありません。
感想を書くというのは
本当に難しいんです。
私だって苦手です。

本の感想を書くのを
仕事にしてるような人を見ても
その難しさがよくわかります。
大体内容がパターン化してきちゃうんです。
これは感想書く人の悩み、
いや私の悩みです。

本の本、
本の感想を
いっぱい書いてる人は結構います。
(ためしに図書館で図書館学周辺を見てみるとあるかも?)

本の感想自体というのは
大体一行ですみます。

面白かった。
つまらなかった。

基本的にこんなもんです。
じゃあ何が面白かった、
何がつまらなかった
それを探るのもいいのですが、
そういう自己分析からの
論述ができるかどうか・・・。
うまくできる人は
最初からこんな課題に苦しまないよね。
物語の解説と
おもしろかった/つまらなかったの文章が
滔滔と流れていくだけでしょうか。

そのような陥穽にはまらず、
うまく突き詰めていけたとしても、
哲学になりかねません。
おすすめしません。
じゃあどうするのか。

結局のところ、
自分の経験を書くか、
知識勝負するしかないのです。

普通は自分の経験を書きます
本に書いてあることから連想して、
なぜか自分語りに持っていくのです。
これが普通です。
たぶん評価される
読書感想文というのはこれです。

後者の知識勝負というのは、
大体職業作家とかがよくやります。
要するに
本ばっか読んでるような人が
その本とかかわりある
別の知識を披瀝していくというものです。

知識さえあればこっちは結構楽です。
ただ読書感想文の宿題で
苦しんでいるような人には
使いにくいと思います。
それにきっと評価されません。
子供が大人ぶったことをすると
気に触る教師というのもいます。
あとほら、可愛げがない。

じゃあ結論として
どうするかっていう話なんですが、
まあめんどくさいし
やりたいようにやればいいですよね。
再提出とか言われない程度に
終わらせちゃえばいいんですよ。
いけそうならストーリーそのまま
書いてやってもいい。
Wikipediaとか使って
ちょっと知識戦術かましてやってもいい。
とにかくさっさと終わらせたほうが
精神衛生上いいですね。
こんなもので本好きな子供なんて
どうせ生まれませんし。
何でもいいから完成させるのが大事です

普段の教育方法と
この自由にやれっていう
名目の読書感想文とかいうごみ課題は
ミスマッチですよね。
できるわけない。
普段からそんな訓練されてないんだから
ほとんどの人が
わけもわからず苦しむ。
やっぱりあらすじ書くのが
一番安定してます。
バカなふりして、
こんなもんしか
書けませんってことにしたらいい。

もうちょっとちゃんと
やろうという人だったら、
本を選ぶとき
小説とかはやめたほうがいいですね。

読んでも
面白かった、
つまらなかったで
終わりやすいですものね。

どうせなら
お話がいっぱいある
短編小説のほうが
だいぶ楽かもしれないね。
もっと言うなら新書も悪くないね。
物語をどうこうするより
ずっと簡単かも。
中・高校生向きか。

あと本の感想書くっていっても
本のあらすじというのは
まったく必要ないです。

相手はこの本を
知っているっていう前提で書いて問題ない。

相手はその本の内容が
知りたいだなんて
これっぽっちも思ってないですからね。

あくまで感想ってことに
なってますし、
要は本を読め、
文章の練習しろ、
あと感受性豊かにー
とかどうとかそんなようなことを
期待しているものなので、
本来は書きたいことを
書けばいいんです。
もーなんかどーでもいいから好きに終わらせて。

ただ、社会に出るころには
本読めるようになっといたほうがいいね。
まったく読めませんっていうのは
ちょっとつらい。
どうしても人間浅くなる。
絶対とは言わないんだけど、
普通の人がそれなりに
賢くなろうと思うと、
本読むのが一番かな。
バカは本読めってことよ。

ちょっと前にバカとブスは東大行けとか言ってる漫画もあったね。
ピーコもブスがファッション磨かないでどうすんのよって言ってた。
逆説的だけど、ほんとにそうだね。

でも難しいね。
読書感想文じゃ誰も本好きになれないし。
どうやって本読む習慣つけるかな。
大学行けば割とつきやすいけどね。
大卒と高卒ってその辺差がつきやすいかな。
まあ単純に4年遊べるから
いろんな経験できるっていうのは大きいけど。
むずかし。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
年が明けたと思ったらすでに春が来ていた。次の更新が夏にならないことをお祈り。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示