01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

『ぼっけえ、きょうてえ』岩井志麻子

本のタイトルは岡山弁で、
とっても怖い。
なんて今さらこんな説明してもね。
割と前に話題になってた本だよね。

解説を読みながら、
あーそっか、
この言葉の意味がわからない人がいるんだー
などと素朴にも感じたりしてしまいました。
実際に使うのは中年以降の人が中心だろうけど、
それでも岡山では
この言葉がわからないって人はいないだろうねえ。
若者でも影響受けて使っちゃう人いるんじゃない。

話の中でも
一番私の考えるホラーに近いと思ったのは、
あまぞわい。

ラストのひたひた迫ってくる感じとか
まさにホラーのイメージにぴったりだった。
だからどうってわけでもないけれど。

ほかの作品は割りと人間のお話だと思う。
どっちかって言うと目の前の人間のほうが怖い。
私の中ではホラー=お化けなのかも。

タイトルと同名の話は、
シチュエーションはとてもよかった。
女郎が好奇心旺盛すぎる客に
怖い話を聞かせてやるシーンは、
なかなかわくわくした。
でも話の中身はそうでもないかも。
どちらかというと悲惨さのほうが際立ってて、
個人的にはホラーっぽく感じなかった。

全体的に見て、
これはすごい!
おもしろい!
っていうずばぬけていいといえるほどは
思わなかったけど(生意気にもすみませぬ・・・)
怖い本だよ、とかいって
人に勧めやすい気はした。
ほんとに怖いかどうかは別にして。
読んで損した気にはさせないと思う。

あと表紙になってる女の人の絵きれい。
なんとなく眺めちゃう。

甲斐庄楠音(カイノショウタダオト)の『横櫛』だそうです。
くわしくはこのへんでもどうぞ。

Art&Bell by Toraより
甲斐庄楠音の《横櫛》 @三都の女展(後期)

白翔画廊より
甲斐庄楠音(かいのしょうただおと)外伝(一)

いくつか種類があるみたいですけど
やっぱりこの絵がいいです。
黄色い着物もきれい。
この暗い顔と黄色の着物が
ちょうどいいコントラスト
になってるかも。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
年が明けたと思ったらすでに春が来ていた。次の更新が夏にならないことをお祈り。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示