08
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

『リリイ・シュシュのすべて』岩井俊二

いじめがどうとか、
食傷気味で面倒な議論を
する気にもなれないわけだけど、
悪意と不幸が連綿と繋がり、
ひとまず事件が起きたという感じ。
とりあえず、サティと星野はこれで退場。
マイナスの圧力は消え去るのか。

一度汚れたものは、
なかなかキレイにならないかも。

まあいいや。
リリイについて。
タイトルを見ると、
リリイの全てが明らかにされるかのようだが、
そんなことはなく、
それどころか、
リリイ自身は一度も登場してこない
というのが、実際のところ。

若者たちから絶大な支持を得る歌姫、
果たしてその正体やいかに。

思うに、何のことはない、
思春期の若者をまきこんだ、
ありがちな現象の一つ、
その結果に過ぎないのではないか、

すなわち、
みな若いときには、
自分の存在を問うてみたり、
ナーバスに悩みこんだりなんかして、
気持ちのコントロールが上手くつけられない、
整理のつかない時期というようなものがあるでしょう。

そんなときに、
この歌姫は不思議な世界観を提示し、
未熟な若者たちの興味を惹くのです。
そして彼らはそれぞれ、
与えられた世界観を自分なりにいいように解釈し、
勝手に自分のことを分かってくれてる、
自分のための歌姫なのだと思い込むのです。

私はリリイが何か特別すごい歌姫だったと
考えるわけではない。
いや、すごいにはすごいんだろうけど、
それが何かとてつもない力を持った、
普遍的、網羅的、神的なものであるというのではなく、
(つまり、小説だからこそ出来る、
この世を越えた存在を描いているわけじゃなくて)

ただ、「時代の歌姫」であったと、
そういう風に考えるわけなのです。

よくあるでしょう。
若い頃に、
一時期やたらと
あるアーティストにのめりこむんだけど、
いつの間にか聞かなくなって、
ふとしたときに、
どこかで耳にすると、
ひどく懐かしい思いにとらわれるような感覚。

リリイもそれと同じで、
いくら熱をあげてようと、
そのうち聞かなくなって、
「エーテル? ああ、そんなこと言ってたっけな、あはは・うふふ」
とか言って、
いつの間にか過去形で語られるような、
そんなものではないかと思うのです。
しかし何で私はこんなことを長々と説明しているのか、
何かバカらしく思えてきました。
もう終わりにしましょう。

本の内容は、解説者が上手く述べてくれてます。

不安。

まさにこれでしょう。
不安に駆られ、だるさに駆られ、
ページを次々繰っていこうとする、
そんな感じだったと思います。

正直、最初のネットの掲示板のやり取りで、
あまりに幼稚な発言が繰り返されるのを見たときは、
投げ出そうかとも思った。
(これは実際に、ネットで若者が集まってそうな掲示板でも覗いてみればいつでも見られる光景であろう)

見た目は分厚いけど、
読む部分が若干少ないので、
読むのに時間はそれほどかからない。
携帯小説に近い?
(読んだことないけど)

本編(?)は第7章スタートなんだけど、
一応第4章から読めば、
最後の展開まで全部分かるかな。
まあ第1章から読めばいいんだけどさ。
よほどめんどうなら。

VP 咎を背負う者 vs.ガルム

ヴァルキリープロファイル
咎を背負う者
(DS)
ガルム戦。


このゲーム、
エンディングが3種類あり、
条件は「女神の羽」使用回数で決まるらしい。

ガルム戦に行くならば、
1度も使わないことになる。
1週目にして
私はガルム戦に向かってしまったわけだが、
この「女神の羽」というアイテムを使うと、
必ず使った仲間が死んでしまうのである。
これで分かってくれる人もいるだろう。
私は決めた。こんなもの使うか!! と。

そしたらガルムがでた。
こいつがえらい強い。
青魂のお供もちょー強い。
一度負けた。

実はこのゲーム周回プレイがあるらしく、
1週目では行くなと言うのだが、
行ってしまったものは仕方ない。

どうしようかと思ったものだが、
何とかなったので簡単な記録をしておこう。
アンセル登場後から述べさせてもらう。

メンバーは
ウィル弓女(シェリファ)・(アンセル)・間男(フォーネル、間は魔のつもりだったんだけど。彼が間男だっていうんじゃないよ?)
レベルは38,9。
案だけ46。

装備は攻撃だけ考えればいい。
食らえばどうせ死ぬ。

ウィルと弓女は前の戦いで、
カルマためによる
強い武器を持ってたのでそれを装備。
間男はショップ武器。

アクセも攻撃重視。
間男はマジックバングル。
弓女はhpアップつけてたけど、
今思うと意味なかった。
ウィルだけは全状態以上無効化アクセ。
スキルはウィルに魔法半減推奨。
とにかくウィルは守る。
攻撃耐えるからね。
後は好きにしたらいい。

それじゃいよいよ戦闘開始だ。
移動はガルム目指すだけだから割愛。

                        

1ターン目

ウィルがヴァリの目覚め。
弓女 ウィルに回復アイテム。
 自分に攻アップポーション。
間男 ウィルに攻アップ。

敵フェイズ。
フィールド魔法 ダークセイヴァー
被害軽微。

2ターン目
間男がガルムに防ダウン魔法。
 間男に魔アップアイテム。
弓女 待機。(死ぬのでその前にap回復と)
ウィルで横から攻撃。
陣形ばらばらでafはつかず。
ガルム体力を半分ほど削る。
反撃でウィル以外全滅(案は麻痺)。

敵フェイズ。
ウィルを攻撃。
当然耐える。
反撃で敵hp1/3近くまで削れる。
(と同時にウィルの強さに驚く)

3ターン目
ヴァリの目覚め効果切れる。(や、やばい)
とりあえずユニオン・プラムで全員復活。
最後の一人でガルム攻撃。
(これで倒れてくれなきゃ・・・やられる!)
必殺技4人目で何とか撃破。
よかった・・・。

ちなみに青魂の方は、
始まってすぐ全員、
一番下のラインの右端に寄せれば、
敵は止まったままだから、
後は一匹ずつ釣ってボコボコにすればいいよ。

右に寄せたのは、
まず何よりライトニングの
クソッタレを潰したかったから。

金の卵とか識者の経験とか使わずいけたから、
1週目ガルムもそう無茶じゃない。
きついけど。

攻撃力的には弓いらなかったかも。
幸いにもアンセル来るから
1人余るんだよね。

私は潮をはずしたんだけど、
入れといたらもっと楽だったのか。
こうして考えると案外何とかなるものなんじゃない?
わざわざまとめて損した気分になってきた。

『神様のパズル』機本伸司

「じゃあ勉強は何なの? 何のためにしているの?」
「知りたいから」
「私もそうね。答えが知りたいからよ。」
「この宇宙についてですか?」
「いいえ、”自分”についてよ」

「”自分とは何か”――。前にも言ったかもしれないけど、私が本当に知りたいのは、そのことなの。自分の今かかえている問題を解決したいために、自分を取り巻く宇宙のことを調べているわけ」

「何故、物理なんですか?」
「世の中にはいろんな考え方があって、一つじゃない。けど物理は違う。ちゃんと一つの答えがある。今は分からなくても、必ず一つしかない答えに行き着くはず――」


実に哲学的な問いだが、
物理学はこれにどう答えられるのだろう。

喧嘩を売るわけではないが、
物理学がこれに答えるのは無理だと思う。

物理学というのは、
客観的にモノの現象などを
説明するだけであって、
人の気持ちを
満足させるような証明は、
ちょっと私には想像できない。

「一つの答え」が
望ましいものとも限らない。

宇宙だって分かってみると
味気ない事実が待っているかもしれない。

その始まりビッグバン説にしたって、
それが真実だったところで、
なんら私の心を満たしてくれるものではない。

もっとロマンある(?)見方として、
宇宙を創ったものを想定してみよう。

「彼」は私について
何を教えてくれるのだろう。
「彼」は私と何の関係があるのだろう。
人類あるいは私の主だと言おうと、
所詮は他者である。

そんなものに
私のことをしかじか言われたところで、
私はあんまり聞き入れてあげない、
と思うよ?

だから物理学で
自分探しは私には合わないかな。
どうやっても与えられる形でしか
見つかりそうにないし。

最終的に著者の言ってるのも、
こういうことなんじゃないの。
現実にあることは「保障」してくれるけど、
個々人について、
自分が何か、
どうするのか、
そんなのは物理学の扱うところじゃねえよって。

精神や魂なんかに
質量がどうとか
エネルギーがどうとか
ナンセンスでしょ。

最後、本の内容に少し。
天才学生が宇宙は作れるとか言うから、
どうするのかと思ったけど、
ちゃんと結着しててよかった。

専門知識なくても、
結構読めるから、
気楽に読めばいい。

難しい理論がぐだぐだ出るとこは
読み飛ばしても問題ない。

まあまあ面白かった。
表紙がラノベっぽい。
これラノベ?
どうでもいいか。

『人生論ノート』三木清

有名な哲学者の書いた本。
何を言っているのかは
ほとんど理解できなかった。
(まあいつものことだ。)

翻訳書とは違って、
ちゃんと日本人が書いたものなんだから、
普通に読めるだろうと思ったんだけど、
西洋譲りの専門用語が氾濫してて、
読みにくい。

実はこの時期の日本人哲学者の著作を
全く読んだことがなかった。
西田幾多郎も和辻哲郎も九鬼周造も、
全然読んでない。
いつか読もうと思いつつも読まなかった。
そんな本はいくらでもあるんだけれど、
薄くて読みやすそうな
この本が目に付いたので手に取った。
8割方理解できなかった。

∮∮∮∮∮

最近の人間は
幸福とか全然分かってないんだって。

何が幸せか分かってないから
エピキュリアン(享楽家・快楽主義者。エピクロスっていう哲学者がいたんだけど以下省略)がわんさといるんだよ。

娯楽ってのはまさにそれを象徴してるね。
娯楽と幸せは一緒じゃないんだっつの。
ただの会社員が絵描いたり、
音楽やったりすんのは娯楽だけど、
画家や音楽家にしてみれば
そりゃ娯楽じゃない。

これが勘違いなんだ。
つまり「生活」と娯楽は
完全に分離したものになってて、
「生活」の中に楽しみは全くないから、
娯楽という「生活」とは
全く切り離されたところに快楽を見出す。

「生活」とは、
言い換えるならば、
専門であって、
娯楽はその外にある。

そうそう、自分の好きなことは
仕事にするなって言ったりするけど何か似てる。
いや、それは置いといて、
そんなんだから、
娯楽を専門にするようなのも出てくる。
でも娯楽が「生活」になって、
やっぱりそれが娯楽じゃなくなって・・・。
とうとう純粋な娯楽とかいうのがでてくる。
純粋な娯楽って何なのかね?
多分みんなにとって
娯楽になりうるようなものなんだろうけど、
具体的には難しい。

とりあえずここで言えるのは、
自分がそれを作るのに参加するものでなく、ただ外から見て享楽」(p.123)
するものであり、
彼等が参加しているというのはただ、彼等が他の観衆とか聴衆の中に加わっているという意味である」(p.124)・・・です。
分かるような、分からないような。

この後も大衆大衆って出てくるから、
大衆批判か。
大衆になることが純粋な娯楽なのか。

思うんだが、
大衆というのは、
野次馬根性と
集団に生じるくだらない一体感から
なっているんじゃないか。

だから大衆が
もし純粋な娯楽であるとすると、
彼らはいつもその娯楽を
享受せんがために(そう、この娯楽は享(う)けとるものなの)、
気分を満たしてくれる
手ごろなものを見つけようとしているんだ。
忌むべき娯楽だ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本当はもう少し広い範囲で
まとめたり見解を述べようと思ってたんだけど、
結局、一点集中攻撃のようになった。
結果・目的と共に、
経過・プロセス・手段を「発明」しないと
「生活」がよくならんらしいよ
って話もあったけど、まあいいか。

この本はちょー分かりやすく
易しく書かれてるらしいんだけど、
その中でもさらに読みやすくて面白いとこを挙げるなら、
「嫉妬について」なんかいいんじゃないかな。
たったの5ページ。
1つ1つのトピックは短いんだよ。
色んなのがあるから、
気になったのを読めばいいんじゃない。

『グリーン・レクイエム』、『緑幻想』新井素子

『グリーン・レクイエム』新井素子

新井素子の作品はかなり面白い。
色々含めて。
この本は3つの短・中編からなる。

「グリーン・レクイエム」は
ラヴ・ストーリー(?)
なのか知らんがバカップルのやりとりに、
えー、うそぉ、とか思い、
笑いながら読んだ。

「週に一度のお食事を」も、
ゆる面白い。
あとがきもあわせて面白かった。
西洋風の妖怪というのは、
それに合った「場」というのがないと怖くないとのこと。


日本におけるどこまでも続く野原は大抵水田になっているから、そういう処を狼男さんが駆けてても、
「ちょっと! うちの田んぼ、荒らさないでちょうだいね!」
だと思うんですよね。
古城に魔女さん――とはいっても。松本城の魔女、とか、岡山城の魔女、とか、あなた、怖いですか?
その点、日本の妖怪は、六畳のお部屋とか、柳の木の下の狭い空間とか、お手洗いとか、割と住宅事情にみあったせせこましいところにでてくるので――これは、怖いのです。」
(p.233)

仰るとおり。


「宇宙魚顚末記」は
1番面白いと思った作品。
能天気でバカで幼稚な考え、
キャラクターだと思うかもしれないけれど、
見捨てられない。

それは措いても、
天使と悪魔が地球を使って
遊んでる設定もいいよね。

最後に少し、
触れておきたいのは、
新井素子の文体。
読めば分かるけどスゴイ。
はっきり好き嫌いの分かれそうな文体。
でもこれでちゃんと小説書いてるのがスゴイ。

文体のこともそうだけど、
彼女は小説に
分かりやすいほど
自分の性格を投影してると思った。

・・・私の勘違いでなければ(笑)


『緑幻想 グリーン・レクイエム2』新井素子
2あったんだ。

原始、生物は1人であった。
孤独だった。
緑の幻想の中で原初の記憶を湛え、
生きとし生けるものに捧げられる
愛のうたがきこえてくる・・・。

・・・何だかえらく壮大な物語になってて驚いた。
ふざけた(≒奇抜な、型破りな)文体ながらも、
ただ者ではないと思っていたがやはり。

偶然ブックオフでこの続編を見つけて、
あったのか、と思いながら
手に取ったものだが、
出会いとはどこに転がっているか
分からないものだ。

この世界に絶対的な正義、
よいこと、正しいことなどありはしない。
見方を変えれば状況は一変する。
あるのはただ現実。
どんな過程を辿ったにせよ、「今」がある。
少なくとも「今」を生きるものであれば、
その過程に感謝することはできる。
しかし、「今」を持たないもの、
ここにいないものは・・・?

この世界の生き物は
「私」と「私でないもの」を知っている。
私が私であり、
「私」でないものは
すべて「私でないもの」である。

だが「始まり」にあったのは「私」だけ。
いくら分裂したって
無数の「私」が生まれるのみ。
「決して、二人にはなれない生き物」だから。

そんな中に現れた「あなた」という存在、
それは救い、愛すべき存在。
「私」が「あなた」を愛するように、
「あなた」がまた「私」として、
別の「あなた」を愛してくれるかどうか、
それが心配。
ただそれを祈りつつ。

こういう話が出てくるから
「我と汝」を思い出した。

ところで前に、
植物に口がきけたら恐ろしいなあ、
と書いたけど、
これはなかなか興味深い回答がでたものだ。

愛している。
愛している。
愛している。

の世界。
さすが作家。
これがバックグラウンドに響く中、
議論する夢子ちゃんは凛々しいな(笑)

『天帝妖狐』乙一

気まぐれや暇つぶしのように私を怪物へ仕立てた存在がいるのなら、反対に神聖な光を纏う存在もどこかにいなくてはなりません。」(p.225)

素直に感心した。
あー、なるほど、と思った。
体を化け物仕立てにできる
超越者がいるなら、
人間仕立てにできる
超越者がいてもおかしくないな。

でももし、
人間がこの世に生誕するときに、
その力が使われていたとしたら、
おあいこになっちゃうな、
とかばかなことを考えつつ。

随分ハードな生き方を
強いられることになった主人公。
何でこんな酷い目に遭わされてんだか、
とどこかに憤ってみたとしても
それは全く詮無いことで。
しんどいねえ。

彼は「今」に救われない。
彼が救いの光を見るのは、
ぜんぶ過去。
子どもの頃の記憶、
新たに得られたつかの間の人間生活の記憶。
もはや失われてしまったもの。

今にも未来にも希望はないままで、
過去を糧にどこまで生きられるのかしら。

『重力ピエロ』伊坂幸太郎

面白かった。
この人が人気なのは知っていた。
そして彼の作品の特徴

「卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!」
というのも知っていた。
(ちなみにこの文章は、巻末の彼のデビュー作品を紹介してるところから拝借した。)

どうもこういう持ち上げ方を
されているのを見ると、
普段、あまり本を読まない人が
幾分興奮しすぎて、
みいはあ的な好まれ方をされてて、
過大評価じゃないかなあ、
などと疑念を生じさせてしまったりなんかして。

実際に読んでみて、
思っていたほど悪くなかったなと感じた。
偉そうな物言いだけど続ける。
気の利いた云々は確かにそうだし、
若さを感じた。

参考文献が載せられてて、
確かにそれらの知識が
ふんだんに利用されているのはわかるし、
初々しさを感じた。
そうだ、初々しさなんだ。
持てる力を尽くす。
あの手この手で
面白くするぞという意気込みと
また自信が感じられた。

私にも身に覚えあることだし、
悪いことではない。
ただ、彼はずっとこの路線でいくのかな?
とは思った。

私はまだこの1冊しか
読んだことがないから、
他の形態があるのかは知らないけれど、
次を読むためには
少し時間が必要かもしれない。

この本が厚かったこともあるだろうか。
正直ちょっと飽きた。
ひとまず1冊で満足。
もうおなか一杯。
以上が読後感。
面白いことは面白い。

『ハサミ男』殊能将之(シュノウマサユキ)

以下、物語の核心に触れまくり。
注意注意。
この本読む気あって
まだ読んでないんだったら、
絶対下は読まないほうがいいよ。





続きを読む

『球形の季節』恩田陸

退屈だ。
退屈だ。
退屈だ。
絶望する。
絶望する。
絶望する。
人生というのは、
あまりに退屈で、
自分がただの人であることには
絶望せざるを得ない。

が、だからと言って、
その退屈や絶望に他人を巻き込むべきはない。
退屈や絶望を撒き散らさないでもらいたい。
人が退屈や絶望から紡ぎだすのは、
傍から見れば、悪意でしかない。

邪魔である。
目障りである。
迷惑である。
退屈や絶望は他人のせいではない。
自分が勝手に思い込むものである。

故に、それは個人の問題であり、
他人の問題ではない。
愚かな責任転嫁は痛々しいな。
ちっともカッコよくない。
悲劇のヒーロー・ヒロインにすらなれない。
若者らしい勘違いに溢れている。

ただ待っているだけで、
それは与えられるものではない。
そんなことでは、
本当に渇きを満たすことはできまい。
まとめて言ってしまおう。
甘ったれるんじゃない。

この本は、
どちらかと言えば、
面白くない。
民俗学に興味がないせいかな(笑)


………これだからド田舎は嫌いだ。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示