12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
19
23
25
26
27
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『zoo1』 乙一

ブログ開始
ボケ防止とかそんなんになったらいいな


ZOOという作品を読んだ
表紙が真っ赤で見た目に派手だ
内容はというと、実はまだ「カザリとヨーコ」「Seven Rooms」しか読んでないのだが、どうも自分には合わないようだ

カザリ…の方はまだいい
Seven Roomsが受け付けない
上流から流れてくる血と肉片のグロさ
理不尽な死を受け入れようというどこか諦観したような登場人物たち
これを読み続けるには耐え難いものがあった
途中何度も本を投げ飛ばそうかという衝動に駆られた
今冷静に考えると一番イラついたのはあまりの理不尽のためなのではないかという気がする
犯人を無性に殴りたいと思った
とりあえず続きはまた今度読もうと思う

最後にそこまでではないが少し気になった点が一つ
文章がまだあまり完成されていない印象を受けた
まだ若いからかしら?

追記
全部読み終えた
文章が微妙なんて書いたけど
最初のだけは結構前に書かれたものだったんだね
後のほうは全然気になることなんてなかった
内容もよかった
また過去の作品を読み返そうかなあ
スポンサーサイト

theme : 読書
genre : 小説・文学

『七つの死者の囁き』 有栖川有栖他

Zooの感想について少しおかしなこと書いてるなと今になって思った
グロがダメなんて書いてるけど実際そんなことはない
少しポイントがずれていたんだ
普通のお姉さんたちがわけもなく細切れにされていく
たぶんそういう理不尽さに憤りを覚えたのだろう
と、zooのことはこれくらいにしておいて


七つの死者の囁き (新潮文庫)七つの死者の囁き (新潮文庫)
(2008/11/27)
有栖川 有栖石田 衣良

商品詳細を見る

見ての通りなんだかおどろおどろしい感じのする表紙にいかにもというタイトルである
きっと中身は怖いホラーがたくさんつまってるんだろうなあと期待や不安と共に本を開く

しかし

アレ?
ホラー要素なんてほとんどない
なんかいい話みたいなものばかりだった
だからと言って面白くないというわけではなく普通に楽しめた
でも熱帯夜は何で主人公がアレで納得できたのかよくわからなかったな
運悪くメンヘラに当たって人生めちゃめちゃになったって感じだった
まぁ確かに主人公もいいやつってわけではなかったけどねえ


流れ星の作り方 軽く実践してみた
なるほどな

こみゅにけーしょん?

感想を述べるというのは案外難しいものだ
と、実際に少し書いてみて改めて思った

自分の思ったこと、考えたことを正確に言葉にすることが出来れば

日常においてもそう考えることはしばしばある
あることについて、自分の中で何らかの思考プロセスをたどり、そこからある結果を導く
たいていの場合、結果についてだけははっきり述べることが出来る
それは例えば、好きであるとか嫌いであるとか、良いとか悪いとか
ごく単純な言葉によって表現できる
だがしかし、それについてなぜそう思うのか
結果に至るプロセスを言葉にしようとしても上手く出てこないのである
それは自分の中で「何となく」生まれてきたのだとしか言えなくなる
でも何となくでは説明になってないし、人はそれで納得してはくれない

もっと具体的に、ある本を読んでとても面白いと感じたとする
でもどこが面白いのかと聞かれると上手く言葉に出来ない
仕方が無いから何か理由を付けて説明したとしても
そこで説明した理由が本当に自分が面白いと感じた理由なのかどうか
実は自分にもよくわかっていなかったりするのである
私などは後になってから、いややっぱりそうじゃなかったよな
と思ったりしてガッカリしたりなんかしてしまうわけである

ぐだぐだ何書いてんだというかんじだが
私が言いたかったのは
まぁ、自分の思いや考えを正確に言葉に出来るっていうのが
本当のコミュニケーション能力って奴なのかなと

昨今コミュニケーション能力とか世間で言われてるのは
雑談能力っていうようなものなんじゃないかって
それが大事じゃないとは言わないけど
コミュニケーションっていうと意志伝達
あなたとわたしの思いが通じ合う(笑)
みたいなイメージがあるんだよねえ
つまり意志の疎通ってやつ?

もっとも、これだって私個人の勝手な解釈なのであって
正解なんてのはどこにもないんだろうなあ
人によって、時代によって変わっちゃうのよ~

現代の先進国から出る独裁者ってどんな奴だろう

最近テレビをつけると派遣切り、内定取り消しといったニュースをよく見る
景気は悪化し、なかなか有効な政策もなされず、政治に対する不信感は募るばかり
こんなに毎日貧困のニュースばかりやっているとは
いつの間にこの国はこれほど貧しくなってしまっていたのだろうか

金を回さない銀行が悪いとか
スパスパ社員を切っていく会社が悪いとか
まともな政策も打ち立てられない国が悪いとか
一応叩こうと思えば叩ける相手はいるけれど何かむなしい気がする
それはもっと根本的な問題、景気悪化があるからではないだろうか
景気がここまで悪くなったのは、何も彼らだけのせいではない
今回の件に関して言えば彼らも被害者である
もっとも、今まで危険な投資を行ったり、非正規社員を増やしたりしてきたところなどに彼らの責任がなかったとは言い切れないところもある
ただ放っておいてもいずれ崩壊したであろうそういうアンフェアなやり方が今回の危機によって少し早く駄目になっただけとも考えられる

しかしどちらにせよ今の日本社会はとても脆くなっているように思える
通り魔事件も増えたと言うし、徐々に何かが壊れてきているような気もしなくはない
願わくばそれがただの気のせいであってもらいたいものだが

こういう状況の中ではカリスマ独裁者というのが現れやすいのではないか
今の弱った人々の心をキャッチするのなんて案外ちょろいんじゃないかとか思ってしまう
そういう奴の甘い言葉にだまされないように強くありたいものだ

マトリックス

さてこの映画を見るのももう何回目だろう
今生きている世界が実は作られたものなのかもなんて話だけど
こういうのみんな一回ぐらい想像したことあるんじゃないかなあ
私も似たようなことを考えたことがあるよ
過去形だけど今もその考えは完全には捨ててないさ

私たちの住んでる世界よりもっと高次元の世界が存在するんじゃないか
この世界はその世界の住人が作り上げたものなんじゃないか
なんてね

例えばゲームをやる私たちのような存在が
同じように私たちの上の次元に存在して
私たちを観察しているか、操作しているかしてたりなんかして

でもそうだとしても操作されてるっていうのはあまり信じたくないなあ
ともかく、もし仮に私たちの知らない世界があったとすれば
私たちはその世界の住人がその手の内を明かしてこない限りは
そんなこと知りようもないわけだ

まぁそれなら結局私たちが考えても仕方ないよねって話
私の妄想力もこの辺が限界ってとこか(笑)

『MISSING』 本多孝好

最近短編集ばかり読んでいることに気付いた
別に意識していたわけじゃないが、短いと手軽に読めて助かる
空いた時間に少しずつ読むことが多いので今の自分には合っている

この「MISSING」というタイトルだが読んでいて意味に気付いた

と思う

どの作品を読んでいても誰かが死んでいるのである
つまり、このタイトルは
失った人を愛おしく思うということを表しているのではないかと

ところで、どの作品を見ても主人公が冷めているというか、飄々としているというか、現代風(?)な感じがした

内容はどれも面白かった
しかし最近読んだ本は大体誰かが死んでいる話だったのでそろそろ誰も死なない話が読みたい

『ギリシア神話』 串田孫一

ギリシア神話に現れる神々は実に人間的な感情をもって立振舞う
人を殺すわ不倫をするわ騙しはするわ
これが神のやることかと首をかしげたくなるような行為を平気でやってのける
もっとも、このようなことはギリシア神話特有のものではない
日本神話にも似たような話が多くある

神話に描かれる神というのはだいたい人間的な感情に素直で
大事な人に不幸が訪れれば悲しんだりもする
自分のやりたいようにやるというのが神々の基本的なスタンスであるように思われる
このようなものは所詮人間が勝手に創造した神様像であり
またそれは絶対の神に対するパロディとして作られたのだろうと思う
絶対的存在である神様に人間的おろかなふるまいをさせて笑いをとる一種のコメディなんじゃないだろうか

では、内容について

微妙

やたら著者の解釈が混ざっていてうっとうしい
話は悪くないが書き方がダメ
ちょっと残念

『君たちに明日はない』 垣根涼介

なんとも絶望的なタイトルだ
かと言って出てくる人物も皆、目が死んでるような人ばかりかというとそんなことは全くない
おもちゃ大好きな男やかわいくて怒りっぽいおばs(略
みたいな個性的な人がたくさん出てくるね
話も大体ハッピーエンドで楽に読めた

今は不景気だしこれから首を切られる人が出てくるのだろうけれど
再就職するにもなかなか厳しいものがあるね
大体給料や待遇は悪くなるというのが一般的
前の会社からいらないって言われて出てきた人間なのだから
職を探すのもきっと大変だろう

正社員の指名解雇をするのは色々と問題がある
だから希望退職を募ったりするけど
実際のところ指名と変わらないようなことをしてくることもあるみたい
そうなると結局労働市場(求職サイド)に集まるのはちょっと出来の良くない人が多くなる
もちろん本当にみんな駄目だというわけではない
会社と相性がよくなかったとか運が悪かったとかそんな人がたくさんいるだろう
しかし選ぶ方としては、どうしても労働市場にいる新卒を除いた人は出来が悪いのではないだろうかという疑いを拭いきれない
結果として労働市場には出来る人出来ない人、みんなとどまり続ける
ここで労働人員の硬直性がでてくるのではないか
要するに働く人たちが上手く回らない
やめた人がすぐにまた別のところに入ることが出来ないということだ

だからちょっとした提案
いっそのこと解雇をもっとやりやすくして
転職もやりやすくしてみる
つまり人材の流動性を高めてみる
そこですぐに解雇されてどこにも入っていけない人には生活保護

自分で無茶苦茶なことを言っているのは分かっている
人材投資というのはものすごくお金がかかるし
失業者であふれたらどうするんだと

しかし今の雇用のやり方にも問題があると思う
例えば最近若者がすぐやめると言うけれど
雇用のミスマッチが一つの原因としてある
それまでずっと遊びや勉強しかしてこなかったのに
いきなりどこか会社選べなどと言われても困るに決まっている
実際に働いてみないと自分に何が出来るか、やりたいか
ということは分からない
いくら会社のことを調べてもそんなことは分からないものだ
だから若者がすぐにやめてしまうのもそれは仕方の無いことだろうと思う

仕事なんてもっと好きにやれるようにすればいいのだ
ただ生きるために仕事をしているひとがいてもいい
仕事のために生きるひとがいてもいい
ただもう少し一つのところに縛られずに色々選べるというのもいいのではないだろうか


さて、何か最初と最後でもう言ってることがめちゃくちゃになってるね。

プロフィール

bq69pd

Author:bq69pd
以前に鳥取で大きな地震がありましたため、日本一危険な国宝とされるあれ、投入堂はしばらく見ることができないかと危ぶまれてましたが、実は今年の4月に開山されてたんですよね。危険ではありますが上がっていくと見晴らしはすばらしく、一見の価値はあるんではないかと思われますよ。私もちゃんとのぼったよ。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

Lc.ツリーカテゴリー

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

FC2カウンター

リンク

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。